1. ダイエットレスキュー
  2. 食品梅酒のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

梅酒のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

梅酒

梅酒は青梅を蒸留酒に漬け込んで作るお酒のこと。甘みが強いことから女性にも人気の高いお酒ですね。ロックや炭酸割り、お湯割りなど様々な方法で楽しまれているのも特徴のひとつです。そんな梅酒のカロリーや糖質が意外と高いってご存知でしたか。今回は梅酒のカロリーや糖質について紹介します。

梅酒のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは梅酒のカロリーから見ていきましょう。

お酒の種類カロリー(100gあたり)
梅酒156kcal
ビール40kcal
日本酒109kcal
ワイン73kcal

冒頭で話したように梅酒のカロリーは意外と高めです。上記の表を見てもらえればわかるように、お酒類の中でも高いほう。1杯の量が80g程度だったとしても、125kcal程度はあります。それでいて、梅酒は砂糖を多めに用いることから甘めで飲みやすく、ついつい飲みすぎてしまうこともしばしばです。

ちなみに、梅のカロリーは100gあたり28kcalしかありませんので、梅酒のカロリーは蒸留酒や氷砂糖など、生成時に用いられる材料にあると考えていいでしょう。甘めの味付けだからカロリーが高い、しかし甘めの味付けだから美味しい。梅酒とはそんなお酒です。

食事で500kcalも600kcalも摂取したのち、晩酌として梅酒を飲んでしまうとカロリーオーバーの可能性が高くなりますので、梅酒を飲むなら食事のカロリー量を少し抑えめにしておくのがよさそうです。また、おつまみもサラダなど低カロリーなものを選びましょう。

梅酒の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に梅酒の糖質を見ていきましょう。

お酒の種類糖質(100gあたり)
梅酒20.7g
ビール3.1g
日本酒4.9g
ワイン1.5g

先ほど言ったように、梅酒は砂糖(氷砂糖)を多めに用いることから糖質が高めになります。上記の表からわかるように、お酒類の中で見ると圧倒的な数字です。ビールや日本酒も糖質が高めで糖質制限に向かないと言われますが、梅酒はその5~6倍程度の糖質を持つわけですから、糖質制限中は飲むの厳禁、と言っても過言ではないわけです。

1杯が80gだとしても、1杯あたり糖質16.6gもありますからね。スタンダード糖質制限では1食あたりの糖質を40g以下に抑えなくてはいけませんので、梅酒を飲むなら食事の糖質を23.4g程度まで減らさなくてはなりません。2杯飲むなら食事の糖質は5.8g以下ですね。

つまり、梅酒は糖質制限には向かないということです。実はコーラやサイダーなどの甘い飲料よりも高糖質なお酒ですので、糖質制限中の摂取には十分な注意をはらいましょう。時には、梅酒ではなく糖質が低めのワインなどに切り替えることも大切です。

梅酒の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に梅酒の脂質を見ていきましょう。

お酒の種類脂質(100gあたり)
梅酒0g
ビール0g
日本酒0g
ワイン0g

カロリーや糖質が高めの梅酒も脂質となれば、他のお酒同様にほぼ0です。梅酒を作る際に利用する梅には多少の脂質が含まれるものの、その梅をそのまま食べることも少ないでしょう。梅酒を飲む分には脂質摂取量が増えることはありません。

問題があるとすれば、チーズ類やナッツ類などのおつまみでしょう。このあたりは高脂質な食品ですので、気を付けるようにしてください。

カロリーや糖質が低めの梅酒もある

ポイントを教える女性

今回紹介したカロリーや糖質量はあくまでも目安のひとつであり、商品によって数値は変化します。そのため、中にはカロリーや糖質が低めに設定された梅酒も存在するのです。さすがにカロリー0や糖質0は難しいものの、今回紹介した数字の半分程度まで糖質を抑えたものなどは市販されています。

おそらく、大きなスーパーなら普通の梅酒と並んでいるでしょう。カロリーや糖質が減る分、味は少しだけ変わるかもしれませんが、梅酒のカロリーや糖質が高いと感じる方はぜひ試してみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.