1. ダイエットレスキュー
  2. 食品レモンサワーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

レモンサワーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

レモンサワー

日本におけるサワーとは、焼酎の炭酸割りに果実の味覚などを加えたものを指します。つまり、レモンサワーとは炭酸水で焼酎を割ったのち、レモンの果汁を加えたものですね。非常に人気の高いメニューなことから居酒屋の定番になっていることも多く、すっきりとした味わいを持つのが特徴です。今回はそんなレモンサワーのカロリーや糖質を見ていきましょう。

レモンサワーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

レモンサワーのカロリーですが、これはレシピによって変わってきます。まずは、レモンサワーに使用する材料のカロリーを見ていきましょう。

材料カロリー(100gあたり)
焼酎206kcal
炭酸水0kcal
レモン26kcal

レモンを1杯に100gも使うことはそうそうありませんので、レモンサワーのカロリーはほぼ焼酎によるものと言えるでしょう。焼酎を多めに配合すればカロリーが高く、逆に少なめにすればカロリーは低くなります。

焼酎が3、炭酸水が7の割合で作った場合は、100gあたり144kcalです。レモンサワー1杯はグラスだと250g前後ありますので、レモンのカロリーをプラスして1杯あたり370kcalくらいはある計算になります。対して、成人男性が1食に摂取できるカロリーは600~700kcal程度しかありませんので、1杯の摂取がカロリーオーバーにつながる可能性は高いと言えるでしょう。

ただ、焼酎のカロリーはそのほとんどがアルコールによるもの。そして、アルコールのカロリーはエンプティカロリーで体内に蓄積されにくいという話もあります。そのため、レモンサワーによるカロリーオーバーが必ずしも肥満につながるとは限りません。とはいえ、アルコールの過剰摂取は体によくないと言われますし、過度な飲みすぎは止めたほうがいいでしょう。

レモンサワーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にレモンサワーの糖質をカロリーと同じ方法で考えていきましょう。

材料糖質(100gあたり)
焼酎0g
炭酸水0g
レモン8.6g

カロリーこそ高かった焼酎ですが、実は糖質についてはほぼ含まれません。加えて、炭酸水にも糖質が含まれないことから、レモンサワーの糖質は低めと言えるでしょう。1杯に使うレモンを多めに40gと見積もっても、糖質量は3.4gほどです。この程度であれば、糖質制限中でも安心して口にできそうですね。

ただ、市販のレモンサワーを見てみると、中には100gあたり5g以上の糖質が含まれるものもあります。また、居酒屋によっては糖質が上記数字を大幅に超えることもしばしば。これは、レモンサワーの味付けにガムシロップを使うケースがあるからだと考えられるでしょう。

甘みの強いレモンサワーは味付けによって糖質が高くなっている恐れがありますので、その点だけは気を付けてください。

レモンサワーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

レモンサワーの脂質もカロリーなどと同じ方法で考えていきましょう。

材料脂質(100gあたり)
焼酎0g
炭酸水0g
レモン0.2g

焼酎と炭酸水は糖質同様、脂質もほぼ含みません。また、レモンに含まれる脂質も実に微々たるものですので、レモンサワーの脂質は限りなく0に近いと言えるでしょう。レモンが含まれるため完全に0とはいきませんが、まず気にする必要はない数字です。

脂質についてはガムシロップが使われたとしても同じでしょう。よほど妙なレシピで作成しない限りは高脂質にはならないと思われます。

レモンサワーは自作がおすすめ

ポイントを教える女性

居酒屋などで提供されるレモンサワーは甘みをつけるためにガムシロップなどが加えられていることもあります。そうなると、糖質が高めになってしまいますね。また、市販のレモンサワーも糖質がやや高めな傾向にあるようです。

そのため、ダイエット中にレモンサワーを飲むなら自作するのが一番でしょう。単純に焼酎と炭酸水と少量のレモンだけで作成すれば糖質はそう高くなりませんからね。また、自作なら味やアルコールの強さも自分好みに調整しやすいと思います。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.