1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ココアのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ココアのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ココア

ココアはココアパウダーを溶かして作る飲料のこと。甘いココアは子供人気が高く、飲むとホッとすることから寝つきの悪い時に使用することも多いですね。市販の粉末を牛乳で溶かせばすぐに完成するため、飲むまでに面倒がないのも特徴です。今回はそんなココアのカロリーや糖質について紹介しますので、気になる方は要チェックです。

ココアのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはココアのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
ココア粉末412kcal
ピュアココア粉末271kcal
牛乳67kcal

上記の数字だけ見るとココアはとんでもない高カロリー飲料に見えますね。ただ、上記はあくまでも粉末の状態でのカロリー量ですので、実際に飲むときはもう少しカロリーが下がります。

たとえば、普通のココアを20g、牛乳を180gほど使ってココアを作ったとしましょう。すると、1杯あたりのカロリーは203kcal、100gあたりなら102kcalほどになります。ピュアココアを同じ分量で作った場合は、1杯あたり175kcal、100gあたりなら88kcalほどです。

粉末の状態よりは確実に下がりましたが、どちらも低カロリーと言えるほどは落ちませんでしたね。小さめのカップで1杯程度なら大丈夫だと思いますが、1日に3杯も4杯も飲んでしまうとカロリーバーの原因になりかねませんので、1日1杯を目安にしておきましょう。

また、牛乳を使用せずにお湯で飲むのもありかもしれません。お湯で作った場合は、普通のココアなら100gあたり41kcal、ピュアココアなら27kcal程度まで抑えられます。これならダイエット中でも安心して飲むことができるでしょう。

ココアの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にココアの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
ココア粉末74.9g
ピュアココア粉末18.5g
牛乳3.8g

こうしてみると、普通のココアとピュアココアで糖質に大きな差があるとわかります。普通のココアが甘く飲みやすくしているのに対して、ピュアココアは砂糖を加えず甘みを抑えていますからね。糖質が低いのは当然と言えるでしょう。

粉末20gに対して牛乳180gで作成した場合、普通のココアだと1杯あたり糖質21.8gにもなってしまいますが、ピュアココアなら糖質10.5g程度まで抑えられます。また、お湯で作った場合は普通のココアが1杯あたり糖質15g程度、ピュアココアなら3.7g程度です。

普通のココアをピュアココアに置き換えることで糖質摂取量を大幅に削減できますので、糖質制限中はピュアココアを積極的に利用するといいかもしれません。ただ、牛乳で割ったピュアココアはやや糖質が高めなため、飲みすぎは厳禁ですよ。

ココアの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にココアの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
ココア粉末6.8g
ピュアココア粉末21.6g
牛乳3.8g

脂質についてはピュアココアの方が高く、100gあたりだと1食に摂取できる脂質16~20gを上回る量を含んでいますね。実際に100gもピュアココア粉末を使うことはないとはいえ、脂質が気になる方は使用量に注意した方がいいでしょう。また、牛乳も決して低脂質とは言えませんので、脂質オーバーを防ぐためにお湯で作るのもありだと思います。

ピュアココアに甘味料の組み合わせがおすすめ

ポイントを教える女性

カロリーや糖質の観点から、ダイエット中は普通のココアよりもピュアココアの方がおすすめです。ただ、ピュアココアは普通のココアに比べて甘みが少ないため、人によっては飲みづらさを感じるかもしれません。

そんな時は、カロリーや糖質のカットされた甘味料を使用するのがいいでしょう。これなら、カロリーや糖質をあまり増やさずに甘みだけを付与することができます。ダイエット中でもココアが我慢できない方は、ぜひ一度試してみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.