1. ダイエットレスキュー
  2. 食品紅茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

紅茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

紅茶

紅茶は主にヨーロッパで愛飲される飲料のこと。特にイギリス人の紅茶好きは有名な話であり、毎食のお供だけでなく、起床時や休憩時間にまで嗜むようです。日本的に言えばペットボトルに入ったものが有名でしょうか。コーヒーに比べると女性人気が高く、おしゃれなイメージが強い飲料でもあります。今回はそんな紅茶のカロリーや糖質を見ていきましょう。

紅茶のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは紅茶のカロリーから見ていきましょう。

  • 紅茶のカロリー:1kcal/100mlあたり

微量ながら含まれるものの、もはや0gとそう変わりません。要は、紅茶にカロリーはほとんど含まれないわけです。そもそも、お茶類はカロリーが低めで100mlあたりカロリー0gの飲料も少なくないですね。100mlあたり1kcalならカロリーを摂取したことにならないと思いますし、ダイエット中でも気軽に飲用できるでしょう。

ただ、砂糖やミルクを入れれば当然ながらカロリーは高くなります。また、甘めに味付けされたペットボトル飲料もカロリーが高めに設定されているでしょう。ダイエット中に紅茶を飲むなら出来るだけ砂糖やミルクはなし。そして、自分で淹れるようにしてください。

後はカフェインを含むことから極端な摂取はよした方がよさそうです。

紅茶の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に紅茶の糖質を見ていきましょう。

  • 紅茶の糖質:0.1g/100mlあたり

糖質についてもほぼ含まないと言える数値でしょう。カロリー同様、ダイエット中でも気軽に飲むことができると思われます。ただ、砂糖やミルクが加われば糖質が高くなる点には注意してください。

特に砂糖の使用量は糖質へとダイレクトに影響します。つまり、1gの砂糖を使うだけで、ほぼ1gの糖質アップになるわけです。糖質制限でダイエットを進めるつもりなら紅茶はそのまま飲むか、砂糖の代わりに糖質のカットされた甘味料を使用しましょう。

ちなみに、紅茶と言えばスコーンやクッキーがつきものですが、これらは小麦粉を使用することから糖質が高いので気を付けてください。

紅茶の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に紅茶の脂質を見ていきましょう。

  • 紅茶の脂質:0g/100mlあたり

紅茶は脂質もほぼ含まない優秀な飲料です。ただ、ミルクを入れてしまうと脂質が増えてしまうため、ミルクティーが好きな方は注意が必要でしょう。

紅茶はそのままの状態なら緑茶やウーロン茶などと同じくダイエット向けの飲料。しかし、砂糖やミルクを加えたものは例外と覚えておきましょう。ペットボトル入りの紅茶が好きな方は、購入前に成分表を確かめてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.