1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ミルクティーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ミルクティーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ミルクティー

ミルクティーは紅茶とミルクを混ぜて作る飲料のこと。紅茶の飲み方として非常にポピュラーなものであり、コンビニやスーパーなどではペットボトル入りや紙パック入りの商品が多数販売されています。おそらく、みなさんも一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。今回はそんなミルクティーのカロリーや糖質を見ていきましょう。

ミルクティーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ミルクティーは紅茶と牛乳を混ぜて作る飲み物です。つまり、紅茶と牛乳のカロリーが分からない以上は、ミルクティーのカロリーも算出できませんね。

材料カロリー(100gあたり)
紅茶1kcal
牛乳67kcal
グラニュー糖387kcal

紅茶の種類によって牛乳との比率が違うと言われますが、今回は同量、つまり50:50の割合で作成すると仮定しましょう。そうすると、単純に200gのミルクティーで68kcalとなるわけです。100gあたりの数値を知りたいのなら、これを半分にして34kcalですね。

  • ミルクティーのカロリー:34kcal/100gあたり

ただ、ミルクティーには砂糖を入れることも少なくありません。その場合は当然ながらカロリー量が変わってくるため注意が必要でしょう。まさか1杯に100gもの砂糖を使用することはないと思いますが、10g程度であればありえるはずです。

グラニュー糖10gのカロリーは約39kcalですから、先ほど算出したカロリーと合計して107kcalとなりますね。100gあたりの数値は、これを半分にして約104kcalです。このことから、ミルクティーは砂糖を控えめに。そして、無糖でも紅茶に比べて高カロリーですので飲みすぎはやめておきましょう。

ミルクティーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質についても材料の数値が分かれば簡単に算出することができます。

材料糖質(100gあたり)
紅茶0.1g
牛乳4.8g
グラニュー糖100g

先ほどと同じく紅茶と牛乳を同量でミルクティーを作成すると、200gあたりで4.9gの糖質となります。100gあたりなら、これを半分にして約2.5gの糖質量です。

  • ミルクティーの糖質:2.5g/100gあたり

間食の摂取糖質は5g以下が理想とされますが、1杯程度であれば大丈夫そうです。一緒に食べるお菓子はなるべく低糖質なものを選びましょう。

砂糖を加えた場合は糖質が高くなるため、糖質制限向けでなくなりますね。上記の表の通り、グラニュー糖は「重さ=糖質量」となりますから、ほんの少しの使用が糖質オーバーにつながるでしょう。

ミルクティーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質も同じ方法で算出しましょう。

材料脂質(100gあたり)
紅茶0g
牛乳3.8g
グラニュー糖0g

紅茶に脂質は含まれませんので、ミルクティーの脂質は単純に牛乳の分だけです。50:50の割合で作成するなら、200gあたりで3.8gの脂質量。100gあたりなら1.9gとなります。

  • ミルクティーの脂質:1.9g/100gあたり

脂質摂取量の目安は1食あたり16~20g前後ですから、1杯程度の摂取であれば特に問題ないでしょう。ちなみに、砂糖は脂質を含まないため、甘くすることで脂質が増えることはありません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.