1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ジンジャーエールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ジンジャーエールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ジンジャーエール

ジンジャーエールは名前からわかるように生姜の香りを付けた炭酸飲料のこと。エールの方は「苦いビール」を意味しているようですね。加えて色もアルコール飲料のようですが、基本的にノンアルコール飲料ですので子供でも安心して飲むことができます。ただ、意外とお酒を割るのに用いられやすい飲料です。今回はそんなジンジャーエールのカロリーや糖質、脂質を見ていきましょう。

ジンジャーエールのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはジンジャーエールのカロリーから見ていきましょう。

  • ジンジャーエールのカロリー:36kcal/100mlあたり

コーラなどの炭酸飲料よりはやや低カロリーなものの、決して低いとは言えない数字ですね。ペットボトル1本が500mlだとすれば、1本で180kcalにもなってしまいます。また、缶だとしても350mlで126kcalほどあるため、ダイエット中の摂取には注意したいところです。

ジンジャーエールは人気が高く、様々なサイズで販売されていますので、カロリーオーバーが心配な方は小さめの缶を購入するのがいいでしょう。ちなみに、ジンジャーエールをお酒に用いるときも注意。お酒は少量でもけっこうなカロリーを持つものが多いです。

ジンジャーエールの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にジンジャーエールの糖質を見ていきましょう。

  • ジンジャーエールの糖質:9g/100mlあたり

これもコーラなどに比べれば少しだけ低いものの、かなり甘めの味付けがしてあることから食品全体でみれば確実に高糖質な方です。ペットボトル1本なら45gでスタンダード糖質制限1食分の目安を超える量。

缶1本なら31.5gで一応はスタンダード糖質制限1食分に収まりますが、食事の糖質を大幅に制限する必要が出てくるでしょう。このことから、ジンジャーエールはあまりにも糖質制限向けとはかけ離れています。やはり、飲むにしても少量がベストでしょう。

ジンジャーエールの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にジンジャーエールの脂質を見ていきましょう。

  • ジンジャーエールの脂質:0g/100mlあたり

脂質に少し詳しい方ならピンときていたかもしれませんね。そう、ジンジャーエールも飲料らしく脂質をほぼ含みません。これは、コーラやサイダーなどの炭酸飲料も同じこと。もっと言えば、お茶類などもほとんどが脂質をほぼ含みませんので、脂質が気になる方も安心です。

とはいえ、低いのは脂質だけであってカロリーや糖質は非常に高い部類ですので、ジンジャーエールはダイエットに向かない飲料と言えるでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.