1. ダイエットレスキュー
  2. 食品スプライトのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

スプライトのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

スプライトはレモンライム風の味付けがしてある炭酸飲料のこと。基となったのはレモンライム風に味付けしたクリアレモンファンタであり、スプライトの名前は元気(Spirit)と妖精(sprite)からきています。ちなみに、スプライトはコーラと違ってカフェインを含有しません。今回はそんなスプライトのカロリーや糖質を見ていきましょう。

スプライトのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはスプライトのカロリーから見ていきましょう。

  • スプライトのカロリー:40kcal/100mlあたり

同社のコカコーラが100mlあたり45kcalですので、それよりは少しだけ低めですが、そもそもコカコーラが高カロリーすぎるとも言えるわけで。食品全体で見ればスプライトのカロリーは高いほうと言えるでしょう。

ペットボトル1本(470ml)だと188kcalにもなりますから、カロリーの摂取量をコントロールしてダイエットしようと考える方にはおすすめできません。炭酸が含まれることから食前の摂取で食事の量を減らす効果が期待されますが、それならカロリーを含まない炭酸水の方が適任です。

ただ、バリエーション商品であるスプライトエクストラについてはカロリーをほぼ含みません。そのため、ダイエット中でもエクストラであれば口にしやすいでしょう。

スプライトの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にスプライトの糖質を見ていきましょう。

  • スプライトの糖質:10g/100mlあたり

上記は栄養成分表示の炭水化物量ですが、スプライトなどの炭酸飲料は基本的に食物繊維をほぼ含まないため、炭水化物量が糖質と言ってしまっても問題ないでしょう。これをペットボトル1本分にすると47gにもなりますが、スタンダード糖質制限中なら1食あたり40gまでしか糖質を摂取できません。

つまり、スプライト1本の摂取は糖質オーバーと同意義です。ちなみに、エクストラの方は炭水化物量と同じだけ食物繊維を含んでいることから糖質がほぼありません。糖質的に見ても、スプライトエクストラは優秀と言えそうです。

スプライトの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にスプライトの脂質を見ていくわけですが、これは特に紹介するほどでもありません。多くの炭酸飲料と同じく脂質は0gですから、スプライトによる脂質摂取量については配慮せずとも大丈夫です。

  • スプライトの脂質:0g/100mlあたり

今回の説明からわかるようにスプライトは高カロリー、高糖質な飲料です。そのため、ダイエット中は摂取を控えめにするか、カロリーや糖質をほぼ含まないスプライトエクストラを選択するようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.