1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カレーまんのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カレーまんのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カレーまん

カレーの適応力は数ある料理の中でも抜群と言えるでしょう。中華まんとの相性も当然のようによく、今やカレーまんはコンビニにおける中華まんの定番商品となっています。言ってしまえばカレーパンのような存在ですが、こちらは蒸かして作ることから食感が柔らかいですね。今回はそんなカレーまんのカロリーや糖質を見ていきましょう。

カレーまんのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカレーまんのカロリーから見ていきましょう。

  • カレーまんのカロリー:203kcal/1個あたり

1個のサイズや使用している材料が商品によって違うため、実際には前後すると思いますが、おおむね上記のようなカロリー量だと考えてください。さて、一般的な成人男性の摂取カロリーが1食あたり600~700kcalですから、カレーまん1個だと3分の1くらいですね。

つまり、カレーまん3個までなら摂取カロリーに収めつつ食べることができます。ただ、カレーまんだけだと栄養が偏りますので、現実的には多くても2個で留めておき、後のカロリーで野菜類などを摂取するのがいいでしょう。

ただ、中には上記のカロリー量を大幅に超えるカレーまんも存在するかもしれません。もし、大きめのカレーまんを見かけた際は警戒するようにしてください。コンビニ商品なら公式サイトなどに詳しいカロリー量が記載されていることも多いですよ。

カレーまんの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカレーまんの糖質を見ていきましょう。

  • カレーまんの糖質:25g/1個あたり

やはり商品によって前後するとは思いますが、カレーまんの糖質の大半を占めるのは皮部分ですし、大きく変動することは少ないでしょう。中華まんの皮というのは小麦粉を中心に作られた、いわばパンのような存在ですから、どうしても糖質が高くなってしまいます。

皮が厚い中華まんほど糖質が高い傾向にあるので気を付けましょう。また、カレーまんの場合はじゃがいもが多く入っている時も糖質が高くなります。もし自宅で作るのなら、じゃがいもは入れないようにするのがいいかもしれません。

カレーまんの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にカレーまんの脂質も見ていきましょう。

  • カレーまんの脂質:8.2g/1個あたり

そもそもカレーの脂質が低くないため、カレーまんの脂質も高くなりがちです。脂質の摂取目安量は男性で1食あたり21g前後、女性で16g前後とされますから、女性の場合は2個でも危ないですね。脂質を気にするならカレーまんの摂取は多くても1個で留めておくのがいいかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.