1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ラズベリーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ラズベリーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ラズベリー

ラズベリーはバラ科キイチゴ属に分類される低木の果実のこと。1粒1粒の果実は小さく、味は甘みと酸味を持ち合わせます。特に女性からの人気が高い果物で、近年はラズベリー風味のペットボトル飲料やお菓子などもよく目にします。また、ケーキやムースなどの材料としても有名であり、意外と口にする機会は多めです。

今回はそんなラズベリーのカロリー、糖質、脂質について紹介します。

ラズベリーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはラズベリーのカロリーから見ていきましょう。

  • ラズベリーのカロリー:41kcal/100gあたり

果物の中では一般的か少し低いくらいのカロリー量です。ポンカンや夏みかんなどの柑橘類と近く、100g程度の摂取であればダイエット中でも問題ありません。1個のサイズが小さく、10粒でやっと30g程度ですので、30~40粒程度は食べることができそうです。

ただ、ラズベリーはそのまま食べることが少なく、ジャムやケーキと言った加工品として登場することが多いです。こうなると、ラズベリーのカロリーだけでなく砂糖やクリームのカロリーも加わるわけですから、どうしてもカロリーが高めになってしまうでしょう。

特にケーキに使う材料はどれも高カロリーなものばかり。甘く味付けされた加工品は基本的にカロリーが高くなっていると考え、摂取量を控えめにしてください。

ラズベリーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にラズベリーの糖質を見ていきましょう。

  • ラズベリーの糖質:5.5g/100gあたり

糖質については果物の中でもトップクラスで低いほうです。スタンダード糖質制限では1食の糖質摂取量を40gに抑える必要があるため、多くの果物は100gの摂取も危ないのですが、ラズベリーであれば問題ないでしょう。1日30~40粒は食べることができそうです。

ただ、先ほども言ったようにラズベリーはケーキやジャムなどの加工品として登場することが多いです。こうなると、砂糖が加わっているため糖質が高くなりがち。下手をすれば1人前で40gを超えてしまうかもしれません。そのため、ラズベリーを加工品として摂取する場合は十分に注意してください。

ラズベリーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にラズベリーの脂質を見ていきましょう。

  • ラズベリーの脂質:0.1g/100gあたり

多くの果物と同じく脂質は非常に低い数値です。そのため、生食であれば脂質を気にする必要はありません。ただ、ケーキなどの加工品だと話は変わってきます。ケーキにはクリームがたっぷり使われますからね。どうしても脂質が高くなってしまうでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.