1. ダイエットレスキュー
  2. 食品いきなりステーキのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

いきなりステーキのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

いきなりステーキ

いきなりステーキは立ち食いスタイルでステーキを提供する珍しいお店。1g単位の量り売りをしているため、自分の好きな量だけステーキをいただくことができます。ただ、ランチタイムなどは定量での提供になるようですね。

今回はそんないきなりステーキのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

いきなりステーキのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはいきなりステーキのメニューのカロリーから見ていきましょう。

メニューカロリー(100gあたり)
リブロースステーキ447kcal
ヒレステーキ215kcal
本格熟成国産牛サーロインステーキ356kcal

公式情報でないため誤差はあるかもしれませんが、100gあたりのカロリー量は上記が目安となります。リブロースステーキは全店で提供されており、後は店舗によって変わってくるため、もしかするとヒレステーキなどは存在しないかもしれません。

ただ、ヒレステーキは脂身が少ないことからカロリーが低く、ダイエット中でもわりと食べやすいですね。250g程度であれば、1食分のカロリー目安に収められそうです。リブロースやサーロインステーキは200gでもカロリーオーバーだと思われます。

基本的に肉類はカロリーが高いため、カロリー制限でのダイエットには向かないと考えてください。いきなりステーキでは300g程度のオーダーをする方も珍しくないようですが、カロリー制限でダイエットを行う方にはハードルが高すぎるでしょう。

いきなりステーキの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にいきなりステーキの糖質を紹介するのですが、やはり公式サイトに数値の記載がないため、一般的な肉類の糖質から考えていきましょう。

メニュー糖質(100gあたり)
リブロースステーキ0.3g
ヒレステーキ0.3g
本格熟成国産牛サーロインステーキ0.3g

各メニューに使用される肉類の糖質がおおむね上記のような数値です。もちろん、実際に提供されるメニューにはソースの糖質なども含まれますから、もう少し高いとは思いますが、それでも100gあたり5gあるかどうかでしょう。300gや400gのオーダーをしたとしても糖質制限的には大丈夫だと考えられます。

そもそもステーキは糖質が低いことから糖質制限向けの料理として有名なのです。そのため、ステーキを中心とするいきなりステーキは糖質制限向けのお店と言えます。ただ、ライスが入る場合は話が別だと考えてください。

ステーキにはライスという方も少なくないと思いますし、実際ライスを付けることも可能です。しかし、一般的なライスは1杯で約55gの糖質を持っています。いきなりステーキのライスの量がどの程度かはわかりませんが、おそらく糖質40g以下ということはないでしょう。

ライスを注文すればほぼ確実に糖質制限の目安をオーバーしてしまうと思われますので、糖質制限に利用するならライスの注文は避けてください。ステーキだけで寂しいと思えばサラダなどのサイドメニューを注文しましょう。

いきなりステーキの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にいきなりステーキの脂質も考えていきましょう。

メニュー脂質(100gあたり)
リブロースステーキ19.5g
ヒレステーキ4.8g
本格熟成国産牛サーロインステーキ47.5g

脂質についても記載がないため、使用される肉類の栄養成分から算出しています。そのため、誤差はあるかもしれませんが、ヒレステーキなど脂身が少ないメニューは脂質が低めで、サーロインなど脂身の多いメニューの脂質が高めなのは確かでしょう。脂身の多い肉ほどおいしいのも確かですが、脂質は高くなりますので気を付けてください。

いきなりステーキでは付け合わせの変更が可能

ポイントを教える女性

あまり知られていないようですが、いきなりステーキでは付け合わせの変更が可能です。コーンやガーリックチップなどは糖質が高めで糖質制限に向かないため、できればブロッコリーなど低糖質なものに変更しておくのがいいでしょう。ブロッコリーならカロリーや脂質も低めですよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.