1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ココスのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ココスのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

ココス

ココスといえば未来からきたネコ型ロボットとのコラボが有名ですね。アニメやバラエティ番組の合間にたびたびテレビCMが流れるため、皆さんも一度くらいは目にしたことがあるでしょう。そんなココスはハンバーグを中心に提供するレストランなわけですが、ダイエット的にみるとどうなのでしょうか。今回はココスのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

ココスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはココスのメニューから代表的なものをピックアップし、そのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(1人前)
ココスのハンバーグ(160g)462kcal
トリオプレート(115g)672kcal
ココスの包み焼きハンバーグ824kcal
チキンステーキ490kcal
熟成サーロインステーキ(180g)799kcal
ライス302kcal
シーザーサラダ102kcal
グリーンサラダ29kcal

ココスはハンバーグ、つまり肉類が中心のお店ですのでカロリーは高めです。看板メニューともいえる包み焼きハンバーグは824kcalと、1食に摂取できるカロリー量を大幅にオーバーしています。そのため、ダイエット中に食べてしまえば後が怖いでしょう。

ココスのハンバーグやチキンステーキになると少し数字が落ち着きますね。これとサラダで食事を済ませれば、何とかカロリーオーバーでせずに済みそうです。

ちなみに、ハンバーグやステーキにライスをセットにすると、1000kcalを超える恐れもあります。上記の表でわかるようにココスのライスは並盛で302kcalです。ライスとセットにしてしまえば、ココスのハンバーグなども700kcalを超えてしまいますので、ダイエット中はライスではなく、なるべくサラダとのセットにしてください。

ココスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にココスのメニューの糖質を紹介したいところですが、残念なことにココスの公式サイトではメニューの糖質や炭水化物量を発表していません。そのため、正確な糖質量をお伝えすることはできませんが、おおむね注文してよいメニューとダメなメニューなら紹介できるでしょう。

たとえば、定番であるハンバーグやステーキ類なら主食系を含まないため糖質は低めだと思われます。付け合わせを含まなければ糖質10g以下もありえると思います。付け合わせについてはやや注意が必要で、ポテトやコーンが糖質高め。ブロッコリーなどは大丈夫ですが、ポテトやコーンは誰かに食べてもらうのがいいでしょう。

ライスプレートやピザ、スパゲッティなど主食系を含むメニューは総じて糖質が高いのでアウトですね。外食店のスパゲッティなどは1人前で糖質が80gを超えることも珍しくありません。また、ライスは1杯で55g前後の糖質を持ちますから、こちらも注文はやめておきましょう。

幸いにも定番であるハンバーグやステーキの糖質が低いため、ココスは糖質制限中でも使いやすいレストランだと考えられます。

ココスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にココスのメニューの脂質を見ていきましょう。

メニュー脂質(1人前)
ココスのハンバーグ(160g)31g
トリオプレート(115g)45.8g
ココスの包み焼きハンバーグ52.3g
チキンステーキ33.4g
熟成サーロインステーキ(180g)59.1g
ライス0.5g
シーザーサラダ6.3g
グリーンサラダ1.3g

普通は糖質の表記がなければ脂質の表記もないものですが、ココスではきちんと脂質の発表をしています。やはり、ハンバーグやステーキは肉類なことから脂質が高く、熟成サーロインステーキにいたってはほぼ1日分の脂質量を有します。そのため、ココスは脂質を気にする方にあまり向かないと言えるでしょう。サラダについては脂質が低く安心です。

ランチメニューはダイエット的に危険?

ポイントを教える女性

ココスではお得なランチメニューを提供しており、通常メニューの100円プラス程度でライスかパンとスープバーが付いてきます。しかも、無料でライスを大盛りにしてくれるサービスつきです。しかし、先ほど言ったようにライスは非常に糖質が高いうえ、カロリーも低くありません。

ハンバーグやステーキとセットで食べれば簡単に700kcalを超えてしまいますし、ココスに行ってもランチメニューは避けるのが無難でしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.