1. ダイエットレスキュー
  2. 食品鍋ぞうのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

鍋ぞうのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

鍋ぞうはしゃぶしゃぶとすき焼きを食べ放題で楽しめる飲食店です。しゃぶしゃぶやすき焼きに適した肉を店内で1枚ずつ丁寧にカットしているうえ、温度管理なども徹底し、ベストな状態の肉を提供してくれます。また、野菜は国産で信頼のできる農家から仕入れているというのもいいですね。

今回はそんな鍋ぞうのメニューのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

鍋ぞうのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

鍋ぞうでは各種メニューのカロリーや糖質を公表していません。そこで、今回は一般的な肉類のデータを参考にカロリーなどを見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
牛肩ロース240kcal
牛バラ371kcal
豚肩ロース253kcal
豚バラ386kcal

鍋ぞうのスタンダードコースでは以上のような肉類が提供されます。人によりますが、しゃぶしゃぶやすき焼きだと1人で約150~200g前後の肉を口にします。つまり、牛バラや豚バラだと肉だけで500kcalや600kcalを超えることも珍しくありません。

また、ロースだとしても200g食べれば500kcal前後になりますから、肉類の摂取量は控えめにした方がいいでしょう。鍋ぞうの食べ放題には各種野菜は他の具材も用意されていますし、レタスや白菜なども積極的に注文するようにしてください。

すき焼きの場合は卵の使い過ぎにも注意しましょう。卵は意外とカロリーが高く、1個で100kcal近いです。ちなみに、鍋ぞうではコースがいくつか用意されており、高いコースになると黒毛牛肩ロースなども注文できるようになりますが、高級な肉は脂身が多くカロリーが高いことも少なくないので、あまりおすすめはできません。

鍋ぞうの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

しゃぶしゃぶやすき焼きは肉類と野菜類が中心なので糖質制限ダイエット向けと言えるでしょう。たとえば、肉類は以下のような量しか糖質を持ちません。

種類糖質(100gあたり)
牛肩ロース0.1g
牛バラ0.2g
豚肩ロース0.1g
豚バラ0.1g

このように、肉類はほとんど糖質を含まないため糖質制限中でも安心して食べることができます。また、野菜類も玉ねぎなど一部を除けば低糖質ですので、バランスよく食べるようにしてください。

ちなみに、糖質制限中ならすき焼きよりも、しゃぶしゃぶを選択するのがいいでしょう。というのも、すき焼きは出汁が甘めの味付けしてあるため、どうしても糖質が高めになってしまいます。肉類自体が低糖質でも味付けで糖質が高くなるわけですね。しゃぶしゃぶであれば出汁は基本的に低糖質でしょう。

さらに、鍋ぞうではお鍋のスープを塩とんこつや旨辛キムチなどにも変更できます。ただ、旨辛キムチは糖質が高い恐れもあるので避けておきましょう。鍋のシメに注文しがちな麺類も避けるのが無難ですね。主食系は糖質が高く、少しの量で30gや40gの糖質量を超えてしまうのです。同じ理由からご飯の注文も避けてください。

鍋ぞうの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

しゃぶしゃぶやすき焼きにおける脂質量は肉の部位によって決まると言っても過言ではありません。

種類脂質(100gあたり)
牛肩ロース17.4g
牛バラ32.9g
豚肩ロース19.2g
豚バラ34.6g

このように、部位で脂質量が大きく変わります。特にバラ肉は脂質が高い傾向にありますので、なるべくロースの方を注文するようにしてください。ちなみに、脂質の量はおおむね脂身の量で決まりますね。黒毛牛肩ロースなどはさらに脂質が高い恐れもあるので気を付けましょう。

鍋ぞうを利用するときの注意点

ポイントを教える女性

鍋ぞうはしゃぶしゃぶとすき焼きのお店ですが、卵のカロリーや出汁の糖質を考えると、しゃぶしゃぶの方がヘルシーと言えるでしょう。また、鍋ぞうと言えば食べ放題がウリです。しかし、肉類をたっぷり食べれば摂取カロリーが1000kcalを超えても何らおかしくありません。

これは何としても避けたいところですので、あらかじめ食べられる肉の量は決めておきましょう。そして、足りないと思えば野菜類を中心にオーダーしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.