1. ダイエットレスキュー
  2. 食品牛角のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

牛角のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

牛角

牛角といえばスタンプのようなロゴが有名な焼き肉店。数ある焼き肉店の中でも特に知名度が高く、北海道から沖縄まで日本各地に店舗を構えています。そんな牛角は肉類が中心なことからダイエットに向かないイメージを持ちますが、実際はどうなのでしょう。

今回は牛角のメニューのカロリー、糖質、脂質について調べてみました。

牛角のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まず、牛角のメニューはカロリーが表記されていません。そのため、正確なカロリー量はわからないのですが、そもそも提供されるのが様々な具材や調味料を組み合わせた料理ではなく、シンプルな生肉です。そのため、一般的な肉のカロリーとそう変わらないでしょう。

それを踏まえて牛角のおおよそのカロリーを表にしてみました。

種類カロリー(100gあたり)
牛カルビ517kcal
ハラミ389kcal
牛タン250kcal
ハツ142kcal
牛レバー132kcal

あくまでもおおよその数字ではありますが、あらかじめ味付けがされていなければ大きなズレが生じることもないでしょう。さて、この表から牛角がダイエットに向くか考えてみると、部位によるという答えが的確に感じますね。

たとえば、牛カルビやハラミなどは非常にカロリーが高いわけですから、カロリー制限でのダイエットに向くとは言えないでしょう。逆にハツやレバーなどホルモン系の部位であれば、ダイエット中でも食べやすいと思います。要は、いかに低カロリーな部位を注文するかがカギとなるわけです。

どうしてもカルビなど高カロリーな部位が食べたい時は少し量を抑えめにして、足りない分は焼き野菜など低カロリーなメニューで補いましょう。焼き野菜はエリンギ、キャベツ、ししとうあたりが低カロリーです。

牛角の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

カロリーと同様に糖質も公表されていませんが、一般的な肉であれば糖質が高くなるはずありません。多くの肉類は100gあたり0.5g以下の糖質量ですので、糖質制限中でも安心して口にできるはずです。

しかも、牛角ではカルビをはじめ、ハラミ、タン、赤身、さらに豚肉や鶏肉など様々な部位や肉類を提供しています。そのため、何度か通っても飽きがくることは少ないでしょう。

ただ、焼き肉に使うタレには注意したいですね。牛角のタレの糖質量がどの程度かはわかりませんが、焼き肉に使用するタレには砂糖が含まれることが多いです。これは、独特の甘みを表現するためでしょう。

この砂糖が原因で焼き肉のタレは糖質が高め。牛角でも念のためタレの使用は控えめにした方がいいでしょう。味が足りないと思えば塩でいただく方法もあります。

また、三元豚のはちみつ胡椒焼きなど、いかにも糖質の高そうなメニューも存在します。基本的に甘いメニューは糖質が高いと考え、糖質制限中は避けるようにしてください。

牛角の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

牛角のメニューの脂質は肉の部位によって大きく変わります。カロリーで紹介した部位の脂質だと以下のようになりますね。

種類脂質(100gあたり)
牛カルビ44.5g
ハラミ25.2g
牛タン21.7g
ハツ7.6g
牛レバー3.7g

カロリーと同じくハツやレバーなどホルモン系の脂質が低い傾向にあります。逆にカルビは脂質が高すぎるため、50g程度の摂取でも1食分の脂質摂取目安量を超えてしまいます。脂質過多が不安ならホルモン系、そして野菜類の注文がおすすめです。

牛角の食べ放題に注意

ポイントを教える女性

牛角にはうれしい食べ放題コースが存在します。そこまで高くないことから肉を多めに食べる方なら食べ放題の方がお得かもしれません。しかし、カロリー制限中なら肉類の摂取量を制限する必要があるわけですから、普通の注文にした方がいいでしょう。

ただ、糖質制限ダイエットとの組み合わせならありかもしれません。とはいえ、食べ放題だとムキになって食べ過ぎてしまうことも多々ありますね。そのことを考えると、普通のオーダーの方が無難なのかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.