1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ファーストキッチンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ファーストキッチンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

ファーストキッチンはその名の通りファーストフードのお店ですが、パスタメニューなども充実しているため、ハンバーガーが苦手な方でも使いやすいお店と言えるでしょう。スープパンなどのおしゃれメニューがあるのもいいですよね。しかし、ダイエット的にみると、ファーストキッチンはどうなのでしょうか。

今回はファーストキッチンのメニューのカロリー、糖質、脂質について調べてみました。

ファーストキッチンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはファーストキッチンのメニューから主食となるものをピックアップしましょう。

メニューカロリー(1個あたり)
ハンバーガー271kcal
チーズバーガー317kcal
てりやきバーガー353kcal
ベーコンエッグバーガー410kcal
カルボナーラ683kcal
海老とアボカドのジェノベーゼ651kcal
北海道コーンポタージュ(スープパン)371kcal
ビーフシチュー(スープパン)463kcal

最も定番ともいえるハンバーガーですが、シンプルな構成のためか意外にカロリーが低めです。一般的な成人男性なら1食に600~700kcalくらいは摂取できますから、2個食べても問題ありません。チーズバーガーでもギリギリ大丈夫でしょう。てりやきバーガーやベーコンエッグバーガーあたりだと具材や味付けの問題から2個食べるのは厳しくなってきます。

パスタ系は1食で650kcal前後ありますね。一応は摂取カロリー目安に収まるものの、やや注意したい数値です。ちょっとカロリーを含んだドリンクとセットならカロリーオーバーしてしまいます。また、男性に比べて女性は1食の摂取カロリー目安が少なめで、600kcalくらいと言われています。

スープパンは意外にも500kcal以下。コーンポタージュなら400kcal以下ですので、下記で紹介するサイドメニューと一緒に頼んでも大丈夫かもしれません。

次にファーストキッチンで提供されるサイドメニューのカロリーも確かめましょう。

メニューカロリー(1個あたり)
緑の酵素サラダ67kcal
紫の酵素サラダ70kcal
チキンナゲット(5個)341kcal
モチコ竜田チキン210kcal
こく旨BBQ味ポテト(M)383kcal
チキンコンソメ味ポテト(M)384kcal

多くのファーストフード店と同じように、揚げ物はカロリーが高く、サラダはカロリーが低めです。酵素サラダは70kcalくらいしかないので、ハンバーガーやスープパンとセットにするのもいいでしょう。

ちなみに、ポテトの味は他にもいくつか存在しますが、どれも同じくらいのカロリー量です。

ファーストキッチンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に主食系の糖質を見ていきましょう。

メニュー糖質(1個あたり)
ハンバーガー28.2g
チーズバーガー28.4g
てりやきバーガー29.7g
ベーコンエッグバーガー29.9g
カルボナーラ68.5g
海老とアボカドのジェノベーゼ62.1g
北海道コーンポタージュ(スープパン)59.2g
ビーフシチュー(スープパン)60.0g

これらのメニューには小麦粉が用いられますから、糖質は上記のように高くなります。特にパスタやスープパンは1食で60gを超えてしまいます。これはスタンダード糖質制限1食分の目安である糖質40gの1.5倍、つまり1.5食分にあたります。

ハンバーガーなら糖質30g程度ですから、1個食べるだけなら問題ないですね。ただ、ハンバーガー1個でお腹が膨れるかは微妙なところでしょう。

そのため、下記のサイドメニューとセットにするか、サイドメニューだけの注文にするのがよさそうです。

メニュー糖質(1個あたり)
緑の酵素サラダ2.8g
紫の酵素サラダ3.0g
チキンナゲット(5個)14.7g
モチコ竜田チキン6.4g
こく旨BBQ味ポテト(M)40.8g
チキンコンソメ味ポテト(M)40.9g

特にサラダ系は糖質が3g程度しか含まれません。また、チキン系も糖質が低めですね。ただ、チキンナゲットとハンバーガーのセットだと糖質が40gを超えてしまいますので、チキンナゲットを頼むならサイドメニューだけで固めるのがいいでしょう。

ちなみに、ポテトは原材料がジャガイモですから、Mサイズですら糖質が40gをオーバーします。

ファーストキッチンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に主食系の脂質も見ていきましょう。

メニュー脂質(1個あたり)
ハンバーガー12.2g
チーズバーガー15.9g
てりやきバーガー20.3g
ベーコンエッグバーガー22.8g
カルボナーラ35.5g
海老とアボカドのジェノベーゼ29.3g
北海道コーンポタージュ(スープパン)7.9g
ビーフシチュー(スープパン)13.8g

脂質の摂取目安は1食で16~20g前後です。つまり、パスタ系はアウトですね。ハンバーガーも種類によってはアウトですし、口にできるものも1個が限界でしょう。コーンポタージュのスープパンは脂質が低めです。

また、サイドメニューの脂質は以下のようになります。

メニュー脂質(1個あたり)
緑の酵素サラダ5.4g
紫の酵素サラダ5.4g
チキンナゲット(5個)24.6g
モチコ竜田チキン15.2g
こく旨BBQ味ポテト(M)20.3g
チキンコンソメ味ポテト(M)20.4g

脂質においてもサラダが優秀な面を見せてくれましたね。ポテトやチキンナゲット、竜田チキンなどは油を使ってあげるので、ハンバーガー以上の脂質を持つことになります。そのため、安心して注文できるサイドメニューはサラダくらいのものでしょう。

ドリンクメニューにも注意

ポイントを教える女性

今回はフード系メニューを中心に紹介しましたが、ファーストキッチンではドリンク選びも重要と言えるでしょう。たとえば、コーラやジンジャーエールなどは当然ながらカロリーや糖質が高いわけですから、パスタなどと組み合わせれば、カロリーや糖質が1食の目安を大幅オーバーしてしまいます。

そのため、ダイエット中ならウーロン茶やアイスティー、ホットコーヒーなどカロリーや糖質をほとんど含まないものにしておきましょう。もちろん、砂糖やミルクを入れない状態でいただいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.