1. ダイエットレスキュー
  2. 食品日高屋のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

日高屋のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

安価で中華そばや味噌ラーメン、餃子などをいただけるのが日高屋です。メニューによってはワンコインでお釣りがくるため、給料日前などに重宝しますね。麺類だけでなく、野菜炒めやニラレバ炒めといったおかず類が豊富なのも魅力的です。

今回はそんな日高屋のメニューのカロリー、糖質、脂質について調べてみました。

日高屋のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは日高屋のメニューのカロリーから見ていきましょう。

メニューカロリー(1人前)
中華そば672kcal
中華そば(大盛)886kcal
とんこつラーメン688kcal
味噌ラーメン915kcal
野菜たっぷりタンメン809kcal
野菜炒め388kcal
肉野菜炒め501kcal
ニラレバ炒め451kcal

ラーメン系はイメージの通りカロリーが高く、多くは成人男性の1食分と言われる600~700kcalを超えてしまいます。一応は中華そば、とんこつラーメンあたりが700kcal以内ですが、ギリギリの量ですのでラーメン1杯以外は何も口にできません。少しカロリーを含んだ飲料もアウトです。

そう考えると、中華そばもあまりおすすめはできませんね。日高屋のメニューの麺類で最も低カロリーなのが中華そばですから、カロリー制限中に日高屋の麺類を注文するのは厳しいと言えるでしょう。女性なら1食分のカロリーがもう少し低くなりますしね。

野菜炒めやニラレバ炒めなどの単品メニューなら500kcal以内に収まっていますので、ダイエット中でも口にしやすいと思います。ただ、そこにライスを加えてしまうとカロリーオーバーの可能性が高いので気を付けてください。日高屋の場合、半ライスですら252kcalあります。

日高屋の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に日高屋のメニューの糖質を紹介したいところですが、残念ながら公式で発表しているのはカロリーと塩分のみです。糖質量や炭水化物量は発表されていません。そのため、正確な数字はわかりませんが、麺類の糖質が高いのは確かでしょう。

というのも、麺類は小麦粉を用いて作った麺がメインですから、特に味付けをしない状態であっても50g前後の糖質を含みます。量が多いものなら60gや70gを超えることも珍しくありませんね。

これに対してスタンダード糖質制限では1食あたり40gまでしか糖質を摂取できませんので、麺類の注文は諦めてください。大盛りなんてもってのほかですよ。

ただ、麺類以外、つまり野菜炒めやニラレバ炒めなどのメニューなら糖質制限中でも口にできるでしょう。具体的な糖質量はわからないため、食べすぎには注意すべきですが、下記のようなメニューは糖質が低めだと思われます。

  • 野菜炒め
  • 肉野菜炒め
  • ニラレバ炒め
  • 生姜焼き
  • 鶏ももから揚げ
  • イワシフライ

後はライスやチャーハン、中華丼などのご飯系を避けるようにしてください。ご飯は通常の1杯で約55gの糖質を含みますから、丼物だと70gや80gを超える恐れもあります。

日高屋の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に日高屋のメニューの脂質についてですが、こちらも糖質同様、具体的な数値が発表されていません。ただ、一般的な醤油ラーメンは脂質が16g前後と言われています。このことから、中華そばの脂質も同じくらいだと予想されます。ただ、写真を見るとチャーシューが数枚は浮いていますし、絶対に16g前後の脂質とは言えませんね。

麺類以外だと肉類が多く使われたものや、イワシフライなどの揚げ物に注意したいところです。

ダイエット中ならおつまみメニューがおすすめ

ポイントを教える女性

今回話したように、日高屋の麺類はカロリーや糖質が高く、ダイエットにあまり向かないと考えられます。かといって、チャーハンや中華丼などのご飯ものもカロリーや糖質が高めなので注文しにくいところです。

そこで、ダイエット中ならおつまみメニューを注文しましょう。既に紹介したニラレバ炒めや冷奴など。カロリー制限や糖質制限中でも注文しやすいメニューがそろっていますよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.