1. ダイエットレスキュー
  2. 食品かつやのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

かつやのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

かつや

かつやは名前の通りカツ丼やカツ定食、カツカレーなどを提供するお店。どのメニューもボリュームたっぷりで、がっつりと揚げ物やカレーを食べたい時にぴったりのお店と言えるでしょう。期間によっては限定メニューが用意されているため、定期的に通いたくなりますね。

今回はそんな、かつやのメニューのカロリー、糖質、脂質について調べてみました。

かつやのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

かつやの公式サイトではアレルギー情報以外を公表していません。つまり、残念ながら正確なカロリー量はわからないわけです。ただ、提供しているのはかつ丼やカツカレーなど一般的なメニューですから、おおよその数値を知ることは可能でしょう。

下記が一般的なカツ丼などのカロリー量です。

種類カロリー(1人前)
カツ丼795kcal
ソースカツ丼823kcal
カツカレー1099kcal
豚汁121kcal

上記はあくまでも一般的なひとつの目安ですので、実際は前後すると思いますが、写真を見る限り異様に量が多かったりはなさそうですし大きくは外れていないでしょう。

一般体系の成人男性だと1食あたり600~700kcal程度しか摂取できませんから、基本的にかつ丼やカツカレーはカロリーオーバーだと考えるのがよさそうです。そもそも、揚げ物系は油をたっぷり使いますからね。油はほんの少量でも高いカロリー量を持ったモンスター食材です。

そのため、かつやのメニューは全体的に高カロリーで、カロリー制限によるダイエットには向かないと考えてください。豚汁にご飯、サラダなどのシンプルな組み合わせなら問題ないかもしれませんが、これだとかつやに行く必要がありませんね。付き合いなどで行く際は豚汁やサラダを活用してください。

かつやの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質もカロリーと同じく公表されていませんので、先ほどと同じメニューでおおよその数値を見ていきましょう。

種類糖質(1人前)
カツ丼105.8g
ソースカツ丼112.8g
カツカレー129.8g
豚汁4.0g

こちらも目安のひとつですが、糖質が高いのだけは確かだと思われます。というのも、カツ丼やカツカレーにはご飯が含まれますよね。しかも、一般的な茶碗1杯より多い量です。ご飯は茶碗1杯で55g程度の糖質を持つわけですから、上記メニューの糖質が100gを超えても何ら不思議はありません。

スタンダード糖質制限なら1食あたり40g、1日あたり120gまでしか糖質を摂取できませんので、丼物やカレーの注文はダメゼッタイです。注文するなら豚汁やサラダなど主食系を含まないメニューにしておきましょう。

揚げ物を食べたいなら、メンチカツや海老フライの単品メニューで。これならご飯を含まないので糖質は低めだと思われます。また、お弁当メニューなら「おかずのみ」の選択ができるようなので、こちらも利用してみてください。

かつやの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質も当然ながら公表されていませんので、おおよその数値を見ていきましょう。

種類脂質(1人前)
カツ丼26.1g
ソースカツ丼26.1g
カツカレー47.1g
豚汁8.4g

揚げ物に使う油は脂質の塊ですから、カツ丼やカツカレーなどは脂質も高くなります。おそらく、かつやのメニューの多くは1人前で1食分以上の脂質を持ちますので、脂質オーバーが怖い方はカロリーと同じく豚汁やサラダなどを活用するのがいいでしょう。ただ、豚汁も肉類の量によっては脂質が高くなるので注意しなくてはなりません。

揚げ物は千切りキャベツやサラダと食べよう

ポイントを教える女性

先ほど、お弁当メニューならおかずのみが選択できるため糖質制限向けと話しました。ただ、揚げ物だけだと栄養バランスが確実に偏ってしまいますので、追加で千切りキャベツやサラダを注文しておくといいでしょう。一応はキャベツがついているようですが、写真で見る限り、そこまでの量には見えません。お値段は100円程度ですから気軽に注文できると思いますよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.