1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ゴーゴーカレーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ゴーゴーカレーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

ゴーゴーカレーはゴリラのマークで有名なカレー専門店。非常に男らしい豪快な盛り付けのメニューが並んでいるため、カロリーは高めというイメージですが実際はどうなのでしょうか。

今回はゴーゴーカレーのメニューのカロリーや糖質、脂質について考えてみたので、よくお店に訪れる方はぜひ参考にしてみてください。

ゴーゴーカレーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ゴーゴーカレーの公式サイトでは残念ながらカロリー量を発表していません。ただ、ヘルシークラスやエコノミークラスなど、各サイズに使用されるご飯の量は公開されています。

  • ヘルシークラス:250g
  • エコノミークラス:350g
  • ビジネスクラス:480g
  • ファーストクラス:680g

ご飯の重さが分かっていれば、ひとまずご飯のカロリーだけは表にすることができますね。ご飯のカロリーは下記のようになります。

ご飯の量カロリー(1杯あたり)
ヘルシークラス420kcal
エコノミークラス588kcal
ビジネスクラス807kcal
ファーストクラス1143kcal

これはカレーライスのカロリーではなく、あくまでもご飯だけのカロリー量です。この時点で非常に高カロリーなことが分かりますね。特にファーストクラスならご飯だけで1000kcalオーバー。成人男性の1食分である600~700kcalを大幅に超えています。同じくビジネスクラスもアウトです。

さて、カレールーのカロリーですが、レトルトカレーなどを参考にすると1杯あたり200kcal前後でしょうか。そうすると、ヘルシークラスですら620kcal。ファーストクラスなら1343kcalにもなってしまいます。ご飯の量に応じてルーの量も増えるとすれば、ファーストクラスで1500kcalオーバーもありえるでしょう。

さらに、メニューによっては高カロリーで有名なカツがドンと乗るわけですから、ゴーゴーカレーをダイエット向けとは言えませんね。ノーマルなゴーゴーカレーのヘルシークラスで600~700kcal以内に収まるかな、くらいに考えてください。

ゴーゴーカレーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

まずはご飯だけの糖質を見てみましょう。

ご飯の量糖質(1杯あたり)
ヘルシークラス91.8g
エコノミークラス128.5g
ビジネスクラス176.2g
ファーストクラス249.6g

全体的な数字が大きすぎて感覚が麻痺しそうですが、スタンダード糖質制限の目安は1食あたり糖質40g以下です。つまり、ヘルシークラスのご飯のみですら2食分以上。ファーストクラスに関してはご飯のみで2日分に相当する糖質を持っています。

しかも、ここにカレールーの糖質が追加されるのだから恐ろしいですね。少なく見積もっても10g程度の糖質は持つと思われますので、ヘルシークラスでも糖質100g越え。もはや糖質制限向けの要素が欠片もありません。

ちなみに、1日5食限定であるワールドチャンピオンクラスについては1500g程度のご飯が使われるようです。これを糖質に直すと552g。もう乾いた笑いすら出てきませんね。

ゴーゴーカレーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

ご飯は100gあたり0.3gしか脂質を含みませんので、ファーストクラスでも2g前後です。カレールーの方は一般的なもので1食あたり10g前後でしょうか。後は肉類の使用量などで変わってきますが、トッピングなしのゴーゴーカレーあれば、もしかすると1食分の目安である16~20g程度の収まるかもしれません。

エビフライやカツ、ウインナーなど肉類や揚げ物が加わったカレーは基本的に脂質が高いと考えてください。

ゴーゴーカレーを利用するときの注意点

ポイントを教える女性

今回の紹介から分かるように、とにかくゴーゴーカレーはダイエットに向いていません。糖質はもちろんのこと、カロリーも非常に高いですからね。もし、追加トッピングでカツやチーズなど追加しようものなら、どれだけの運動をしてカロリーを消費すればいいか分かったものではありません。

そのため、食べるにしてもテイクアウトして誰かとシェアするのがいいでしょう。それか、レトルトのゴーゴーカレーを購入し、それを豆腐などにかけていただいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.