1. ダイエットレスキュー
  2. 食品レッドブルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

レッドブルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

レッドブル

ちょっと疲れたなというときに飲むと元気が出るレッドブル。でも力が湧いてくると思うとかなりのエネルギーが含まれているような気がしますよね。そうなるとやっぱり太ってしまわないか心配です。ここではそんなレッドブルのカロリーや糖質について紹介しながら、太るのかそれとも痩せるのかについて説明します。

レッドブルのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、レッドブルのカロリーについて見ていきましょう。

  • レッドブルのカロリー:46cal/100mlあたり

レッドブルは100mlで46kcalしかありません。エナジードリンクですから、もっと高カロリーなイメージがあるかもしれませんが、カロリーそのものは普通のジュースとそれほど変わりません。小さな缶なら185mlですので85.1kcalです。250ml缶でも115kcalですから、何本も飲むのでなければカロリーを気にする必要はありません。

ただし、最近よく見かけるようになった330ml缶や355ml缶ですと、さすがに少し摂取カロリーに注意してください。飲むのは問題ありませんが、食事での摂取カロリーを減らすようにして、1日の摂取カロリーがオーバーにならないように気をつけましょう。

レッドブルの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次にレッドブルの糖質についても見ていきましょう。

  • レッドブルの糖質:10.8g/100mlあたり

100mlあたりの糖質量は10.8gですので、185ml缶で約20gの糖質を摂取することになります。スタンダードな糖質制限では、1食あたりに摂取していい糖質量は40gです。レッドブルを飲んでしますと、この糖質量を減らさなくてはいけません。

2食分に分けて、それぞれ10gずつ減らしたとしたら、1食で摂取していいのは30gになってしまいます。これくらいならなんとか許容範囲ですが、250ml缶よりも大きくなるとNGです。糖質が少ないわけではないため、糖質制限では185ml缶のレッドブルでも常用は避けましょう。

レッドブルの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人が気になるもうひとつの栄養成分が脂質ですよね。レッドブルにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

  • レッドブルの脂質:0.0g/100mlあたり

レッドブルには脂質は含まれていません。レッドブルだけでなく、エナジードリンクの多くが脂質は含んでいません。このため、脂質制限でダイエットをしているのであれば、レッドブルを自由に飲んでも問題ありません。

ただし、レッドブルにはカフェインが含まれていますので、飲み過ぎには注意してください。250ml缶でコーヒー1杯分のカフェインと同等です。大量に飲むことを想定しているドリンクではありませんので、連続摂取などは避けるようにしましょう。

シュガーフリーならダイエットに最適

ポイントを教える女性

レッドブルは飲み方さえ間違えなければ、ダイエット中でも飲むことができます。ただし、もっとダイエットに向いている商品があります。それが「レッドブル・シュガーフリー」です。その成分を比較してみましょう。

レッドブルの種類カロリー糖質脂質
レッドブル・エナジードリンク46kcal10.8g0.0g
レッドブル・シュガーフリー0kcal0.0g0.0g

シュガーフリーには砂糖が入っていないため、カロリーも糖質もゼロです。もちろん脂質も含まれていませんので、これによって太るということはありません。シュガーフリーは砂糖の代わりに、スクラロースとアセスルファムKを利用しています。

シュガーフリーはダイエットをしている人のために作られた商品です。味の好みがあるかもしれませんが、特に気にならないというのであれば、ダイエット中はシュガーフリーを利用しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.