1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コージーコーナーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

コージーコーナーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

コージーコーナーはケーキを中心に販売する洋菓子のお店。テイクアウト専門店から、喫茶店など幅広く展開しています。名前の由来は「cozy(居心地のいい)」「corner(空間)」です。そんな、コージーコーナーのケーキをダイエット中に食べたくなることもあるでしょう。

そこで、今回はコージーコーナーのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

コージーコーナーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはコージーコーナーのメニューのカロリーをいくつか見ていきましょう。

メニューカロリー(1個あたり)
苺のショートケーキ351kcal
チョコレートケーキ497kcal
ミルクレープ526kcal
モンブラン477kcal
チーズケーキ305kcal

残念ながらコージーコーナーの公式サイトではカロリー表記を行っていないため、上記はネット上のデータを元にしたものです。そのため、実際のカロリー量とは多少ズレがあるかもしれませんが、一般的なケーキ類とそう変わらない数字であることから、大きく外れることはないでしょう。

ケーキの場合、スポンジ部分に小麦粉が、そしてトッピングにクリームやフルーツが使われるため、どうしてもカロリーが高くなってしまいますね。成人男性の1食分とされる600~700kcalには収まるものの、ケーキは食事とは別に摂取するものですので注意が必要です。

たとえば、おやつにコージーコーナーのショートケーキを食べた場合、夕食は350kcal程度で何とかしなくてはなりません。しかし、350kcalではご飯1杯とちょっとのおかず程度でしょう。肉類なんて入れようものなら、ケーキも含めて800、900kcalになってしまいます。

コージーコーナーが、というよりも、そもそもケーキ自体がダイエットに向かないと考えてください。

コージーコーナーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

先ほど言ったようにコージーコーナーの公式サイトではカロリー量を発表していません。これは、糖質も同じことです。ただ、カロリーが一般的なケーキ類とそう変わらないことから、糖質も一般的なケーキと同じくらいだと考えられます。

たとえば、一般的なショートケーキは1個で約28.6gの糖質量です。そうなると、コージーコーナーの苺のショートケーキは30g前後でしょうか。他のケーキも1個あたり30~40g程度は見ておいた方がよさそうです。

さて、スタンダード糖質制限中なら1食あたり40gまでしか糖質を摂取できないわけですから、ケーキ1個でほぼ1食分を摂取することになってしまいますね。1個の糖質が30gと想定しても残りは10g。これだけの糖質量で食事を済ませるのは至難の業です。

このことから、コージーコーナーのメニューは糖質制限に向かないと言えるでしょう。もし食べるのなら、食事の大幅な低糖質化が必要になってきます。

コージーコーナーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質についても公表されていませんが、ケーキ類はクリームをたっぷり使いますので脂質は高めだと考えられます。そもそも、一般的なショートケーキの時点で1個あたり25g前後、チョコレートケーキなら30g前後も脂質があるのです。

脂質の摂取目安は1食あたり16~20g前後ですから、ケーキ1個の時点で脂質オーバーですね。1日分の半分程度は脂質を持ちますので、食べるのなら食事は脂っこいものを避けましょう。

ギフトにも注意しよう

ポイントを教える女性

コージーコーナーと言えば焼き菓子の詰め合わせなどギフトも有名ですね。何かの記念日などにいただいたことのある方も多いでしょう。しかし、焼き菓子も基本的には高カロリー高糖質ですので、摂取はなるべく控えたいところです。

期限までに食べきろうと張り切らず、ダイエット中なら誰かに食べてもらうのがいいでしょう。1個1個のサイズは小さくとも、量が増えればけっこうなカロリー、糖質量になりますからね。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.