1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ベッカーズのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ベッカーズのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

ベッカーズは具材たっぷりの本格ハンバーガーを提供する飲食店。具材とバンズのサイズが同じかと思えるくらいに中身のボリューム感があるため、薄いパティや野菜のハンバーガーでは満足できない方におすすめです。しかし、ボリュームがあればあるほど、気になるのはカロリーや糖質ですね。

今回はベッカーズのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

ベッカーズのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはベッカーズのメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(シングル1個あたり)
ベッカーズバーガー394kcal
ベーコンエッグバーガー500kcal
2種チーズバーガー465kcal
デミたまバーガー476kcal
てりやきバーガー389kcal
別格 ザ・ハンバーガー634kcal
別格 ザ・ツインチーズバーガー1098kcal

多くのメニューは400kcalを超えていますね。1食の摂取目安カロリーは成人男性で600~700kcalですので、どのメニューにしても1個が限界摂取量です。別格シリーズについてはカロリー量も別格で、ザ・ツインチーズバーガーについては1000kcalを超えてしまいます。

そのため、ダイエット中は絶対に注文しないようにしましょう。他のメニューに関しては1個までならOKですが、ハンバーガー1個で満腹というわけにもいきませんね。

そこで、サイドメニューのカロリーも確かめておきましょう。

メニューカロリー(1個あたり)
ミニサラダ51kcal
スティックアップルパイ289kcal
チキンナゲット326kcal
フレンチフライポテト(M)395kcal

こういったショップではナゲットやポテトが定番となりますが、上記の数値から分かるように、最も低カロリーなてりやきバーガーと一緒にしたとしても700kcalを超えてしまいます。

スティックアップルパイならギリギリ700kcalに収まりますが、ドリンクが加わると危ないですね。そのため、サイドメニューはミニサラダがおすすめ。これなら100kcalもないですし、栄養バランス的にもよさそうです。

ベッカーズの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

残念ながらベッカーズのメニューは糖質や炭水化物が公表されていません。ただ、ハンバーガーはバンズ部分が小麦粉で作られているため糖質が高く、同じようなハンバーガー店のメニューは1個の糖質が30gを超えています。

また、サイズによっては40gや50gを超えることもありますね。スタンダード糖質制限だと1食に40gまでしか糖質を摂取できませんから、具体的な数値が出ていない以上はおすすめできません。

ちなみに、サイドメニューのスティックアップルパイやフレンチフライポテトも低糖質ではないと思われます。逆にミニサラダやチキンナゲットは糖質が低めでしょう。

ベッカーズの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質量も糖質と同じく公表されていませんが、他のハンバーガー店のメニューを参考にする限り、バーガー1個あたり20g以上はありそうです。肉類やチーズがガッツリと挟まったメニューなら、1個で40gや50gを超えることもあるかもしれません。

脂質摂取量は成人男性で1日あたり63g前後、成人女性で48g前後ですから、ベッカーズのメニューは高脂質と言えるでしょう。サイドメニューも揚げ物が多いので気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.