1. ダイエットレスキュー
  2. 食品サンジェルマンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

サンジェルマンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

サンジェルマンは東京都や神奈川県を中心に展開するベーカリーショップです。実は同じサンジェルマンの経営でも、プルミエ サンジェルマン、サンジェルマン タンドレス、メゾンカイザーなど全部で8つのブランドに分かれています。

今回はそんなサンジェルマンのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べましたので、気になる方はぜひ参考にしてください。

サンジェルマンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

サンジェルマンブランドのメニューからいくつかピックアップし、カロリーを比較していきます。

メニューカロリー(1個あたり)
シェフのカレーパン273kcal
プレミアムリッチクリームパン260kcal
ウインナードッグ371kcal
コーンパン199kcal
ロイヤルミルク412kcal
発酵バタークロワッサン216kcal
マヨナンロール169kcal

パンの種類によってカロリーにバラつきがあり、マヨナンロールとロイヤルミルクでは2倍以上の差がありますね。成人男性でも1食あたり600~700kcalしか摂取できませんので、多めに食べたいのならロイヤルミルクやウインナードッグは避けておくべきでしょう。これらのメニューは2個で700kcalを超えてしまいます。

おすすめとしては、コーンパンやマヨナンロールなど200kcalを切るもの。これなら3個食べても600kcal以内に収められるので、カロリー制限中でも安心でしょう。200kcalは超えてしまいますが、発酵バタークロワッサンも低カロリーな部類です。

サンジェルマンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

サンジェルマンではパンの糖質や炭水化物量を表記していません。そのため、正確な数値は分からないのが現状です。

しかし、糖質制限に少し詳しい方ならご存知のように、パン類は原材料が小麦粉ですから総じて糖質は高めです。一般的なベーカリーショップだと、1個あたり20g前後。クリームパンなど甘い系は30gを超えることもあります。

サンジェルマンのパンも基本的には小麦粉を使用しているはずですから、1個20g前後は見ておくべきでしょう。スタンダード糖質制限の目安に摂取糖質を収めたいのなら、1個の摂取で我慢するべきです。また、あからさまにサイズが大きかったり、砂糖が多く使われてそうな種類は避けてください。

サンジェルマンのメニューならプレミアムリッチクリームパン、ロイヤルミルクあたりが怪しそうです。

サンジェルマンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

他のベーカリーショップのデータを参考にしてみると脂質も高めだと予想されます。特にウインナードッグやマヨナンロールなど、肉系やマヨネーズの使われたものが危なそうです。1個で脂質20gを超えてしまうかもしれません。

また、発酵バタークロワッサンもバターが多く使われている恐れがありますし、カレーパンは油で揚げますから脂質10g以上は見ておくのが無難でしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.