1. ダイエットレスキュー
  2. 食品上島珈琲店のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

上島珈琲店のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

上島珈琲店

レトロモダンを基調とした雰囲気を楽しみつつ、コーヒーやトーストをいただけるのが上島珈琲店です。UCCホールディングスの関連企業が展開するチェーン店で、関東や関西を中心に、すでに100以上の店舗を構えています。モーニングセットが用意されているため、朝食時に利用できるのがいいですね。

今回はそんな上島珈琲店のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

上島珈琲店のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは上島珈琲店のドリンクメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(Mサイズ1杯あたり)
ブレンドコーヒー9kcal
アイスコーヒー10kcal
ウインナーコーヒー80kcal
無糖ミルク珈琲105kcal
黒糖ミルク珈琲158kcal
生キャラメルミルク珈琲273kcal
ココア229kcal
ダージリンティー(ストレート)1kcal

基本的に他のコーヒーショップと同じで、ブレンドコーヒーなど砂糖やミルクを含まないものは低カロリーですが、砂糖やミルクの入ったココアなどになるとカロリーが高めです。また、ウインナーコーヒーはホイップクリームが乗るため、ややカロリーが高めになります。

無糖、黒糖ミルク珈琲あたりまでは許容範囲内だと思いますが、ココアや生キャラメルミルク珈琲あたりはカロリーが高すぎますね。ドリンクだけで200kcal以上もあると、フードメニューを頼んだ際、合計カロリーが700kcalを超えてしまいそうです。

ちなみに、フードメニューのカロリーは以下のようになります。

メニューカロリー(1人前)
厚切りベーコンのクラブハウスサンド566kcal
クロックムッシュ332kcal
BLTサンド333kcal
ミックスサンド587kcal
厚切りバタートースト264kcal
ランチスープ 6種野菜のポタージュ86kcal
バナナブレッド176kcal
湯蒸しチーズケーキ228kcal

上島珈琲店のフードメニューはサンドイッチが中心ですので、カロリーはやや高めの傾向にあります。メニューによっては1人前で600kcal近くあるため、ドリンクとの合計が700kcalを超えないように気を付けたいところです。

BLTサンド屋クロックムッシュなら1人前のカロリーは低めですが、1人前で満腹とはいかないでしょう。しかし、2人前ではカロリーが高くなってしまいますので、6種野菜のポタージュあたりと一緒に注文するのがよさそうです。

上島珈琲店の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

上島珈琲店では糖質量を公表していないため、各メニューの具体的な糖質量が分かりません。ただ、サンドイッチの糖質が高いのは皆さんもご存知の通りです。たとえば、食パン1枚分を使用したサンドイッチは50g以上の糖質を持つと言われています。

これは、食パンが小麦粉で作られているためですね。小麦粉100gには70g前後の糖質が含まれます。具材とは関係なくサンドイッチは糖質が高めですので、どの種類にせよ糖質制限には向かないと考えてください。

ドリンクメニューは砂糖やミルクが多く入ると糖質が高くなりますので、ブレンドコーヒーやダージリンティーのストレートがおすすめです。

上島珈琲店の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

サンドイッチは具材を挟む前にバターを塗ったり、そもそも具材が高脂質な卵やベーコンだったりするため、脂質が高めと考えられます。一般的なサンドイッチは食パン1枚分で約25gの脂質を持つと言われていますね。

上島珈琲店のサンドイッチのレシピが分からない以上、確実とは言えませんが、脂質オーバーを避けたいのなら注意しておきましょう。ドリンクについては、やはり砂糖やミルクを含まないブレンドコーヒーなどがおすすめ。これなら脂質をほとんど含みません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.