1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ベビーフェイスのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ベビーフェイスのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

ベビーフェイスは近畿地方を中心に展開するレストラン。オムライスやパスタ、ピラフ、ピザなど昼食にぴったりのメニューが並ぶほか、おつまみにぴったりのイカリングやチェダーチーズなども並んでおり、ドリンクメニューには焼酎などの酒類も充実しています。

今回はそんなベビーフェイスのメニューのカロリー、糖質、脂質について調べてみました。

ベビーフェイスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

残念ながらベビーフェイスのメニューにはカロリーが表記されていません。そのため、正確な数値は分かりませんが、一般的なオムライスが600kcal前後ありますから、オムライスメニューは同量かそれ以上のカロリーを含むと考えておきましょう。特に明太子クリームオムライス、和風おろしカツオムライスなどは見た目からカロリーが高そうです。

また、パスタやピラフ、ピザ、ドリアなどもカロリーが高めなメニューで、1人前あたり600kcal以上は覚悟した方がいいでしょう。外食店は基本的にカロリーが高めですので、中には800、900kcalを超えるメニューもあるかもしれません。

安全そうなのはサラダ系のメニューやサーモンのカルパッチョあたりでしょうか。カルパッチョもマヨネーズの量によっては高カロリーかもしれません。

ベビーフェイスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

ベビーフェイスのメニューで糖質が高いと思われるのはライスや麺、パンを含んだものです。つまり、メインとなるメニューはほぼ全滅かと。一般的なオムライスやパスタ1皿には約80g前後の糖質が含まれます。

糖質制限中なら、チキングリルやハンバーグのライスなしがよさそうですね。後はサラダも低糖質だと思いますので、セットで注文するのもいいでしょう。ただ、付け合わせにあるポテトの摂取は避けてください。

ちなみに、ベビーフェイスと言えばパンケーキなどのスイーツも有名ですが、小麦粉で作られるパンケーキに、クリームやアイス、チョコレートなどが乗っているメニューが低糖質なはずありません。1皿で40gを超える可能性が高いので、オーダーはやめておきましょう。

ベビーフェイスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

まず、卵を使ったメニューは脂質が高めです。一般的なオムライスで1皿あたり16g前後の脂質を含みますので、肉類が多めに入ったメニューなどは20gを越してしまうでしょう。

また、ピザやドリアなどもチーズのせいで脂質が高そうです。脂質が気になるなら肉類や乳製品の使われたメニューを避け、野菜中心のパスタやサラダなどを選択しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.