1. ダイエットレスキュー
  2. 食品太陽のトマト麺のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

太陽のトマト麺のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

太陽のトマト麺は太陽のラーメンを看板メニューにしたラーメン店。美味しくてヘルシーをコンセプトにしているため、ラーメンにしては低カロリーなメニューが多くなっていると言われますが、実際の数値はどのくらいなのでしょうか。

今回は太陽のトマト麺のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

太陽のトマト麺のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは太陽のトマト麺のメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(1人前)
鶏パイタン麺443kcal
アサオ入り鶏パイタン麺449kcal
炙り鶏チャーシュウ麺508kcal
太陽のボンゴレ麺568kcal
太陽のラーメン579kcal
太陽のエッグラーメン667kcal
太陽のチーズラーメン769kcal
太陽の茄子ラーメン774kcal

上記が太陽のトマト麺の公式に掲載されている全ラーメンです。一般的な成人男性の1食分が600~700kcalと言われていますので、定番である太陽のラーメンならスープを飲み干して完食しても大丈夫です。また、鶏パイタン麺シリーズなら500kcal以下で1食を済ませることもできます。

逆に太陽のエッグラーメンより下のメニューのカロリーが高く、1杯あたり800kcal近いものまであります。これをスープまで飲み干してしまうとほぼ確実にカロリーオーバーですので、ダイエット中は注文しないようにしてください。

太陽のトマト麺の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に太陽のトマト麺のメニューの糖質を見ていきましょう。

メニュー炭水化物(1人前)
鶏パイタン麺66.8g
アサオ入り鶏パイタン麺68.3g
炙り鶏チャーシュウ麺70.3g
太陽のボンゴレ麺71.6g
太陽のラーメン71.5g
太陽のエッグラーメン71.3g
太陽のチーズラーメン74.0g
太陽の茄子ラーメン77.5g

太陽のトマト麺では糖質量や食物繊維量を記載していないため、今回は炭水化物量を表記しています。ご存知の方も多いようにラーメンの麺は小麦粉で出来ていますから、上記のように糖質は高めになってしまいます。

メニューによってはスタンダード糖質制限の1食分である40gの2倍近い糖質を持ちますから、糖質制限中は我慢した方がいいでしょう。サイドメニューに名物唐揚げ、アサリの野菜炒めなど糖質が低いと思われるメニューもありますので、付き合いなどで仕方なく行くときには利用してみてください。

太陽のトマト麺の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に太陽のトマト麺のメニューの脂質を見ていきましょう。

メニュー脂質(1人前)
鶏パイタン麺9.1g
アサオ入り鶏パイタン麺9.1g
炙り鶏チャーシュウ麺12.7g
太陽のボンゴレ麺18.9g
太陽のラーメン21.7g
太陽のエッグラーメン27.9g
太陽のチーズラーメン35.0g
太陽の茄子ラーメン40.1g

ちょうどカロリーと同じ順番で脂質も高くなっています。脂質の摂取目安が1食あたり16~20g前後ですので、太陽のボンゴレ麺まではギリギリセーフ。そこから下はアウトと考えるのが無難でしょう。

ただ、麺の方に含まれる脂質はそう多くありません。ですので、スープを残すことを前提とするなら、太陽のラーメンも注文できるかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.