1. ダイエットレスキュー
  2. 食品和幸のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

和幸のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

ダイエット中でもときどき揚げ物が恋しくなることありますよね。駅前などにある和幸を見るとついつい吸い寄せられそうになる人もいるのではないでしょうか。とはいえ、実際にトンカツがどれくらいダイエットに向いていないのか、きちんと把握している人はあまりいません。「トンカツ=ダイエットに不向き」というイメージが定着していますが、実際のところどうなのでしょう。

ここでは和幸のメニューが、ダイエットに向いているのかどうかについてご紹介します。

和幸のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず和幸のカロリーについてご紹介したいところですが、残念ながら和幸ではカロリーの値を公開していません。このため、一般的なトンカツのカロリーとセットになるご飯と味噌汁のカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(1食あたり)
ロースかつ(130g)585kcal
ヒレかつ(130g)504kcal
ごはん+お味噌汁289kcal

ロースかつは130gで585kcalあり、ヒレかつですと504kcalです。女性が1食で摂取するカロリーの目安が584kcalですので、ロースかつはそれ単体でもダイエットに向いていないのがわかります。ヒレかつもご飯のセットにしてしまうと793kcalです。これは男性の1食で摂取するカロリーの目安を超えています。

カロリー制限ダイエットをしている場合は、和幸のメニューですとややカロリーがオーバーします。男性ならヒレかつのセットにすれば許容範囲内に収まりますが、決してダイエットに向いているとはいえません。カロリー制限ダイエット中はあまり和幸で食べないようにしましょう。

和幸の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に糖質についても見ていきましょう。糖質も公開されていませんので、一般的な値で見ていきましょう。

メニュー糖質(1食あたり)
ロースかつ(130g)11.8g
ヒレかつ(130g)18.2g
ごはん+お味噌汁61.5g

ヒレかつの糖質がやや高めですが、糖質制限でも許容範囲内に収まっています。トンカツに限らず、糖質制限では揚げ物そのものがNGとなることはほとんどありません。衣にやや糖質を含んでいますが、1食分であれば気にするほどの量ではありません。

ただし、注意してもらいたいのがご飯とお味噌汁です。これらを合わせた糖質は60gを超えていますので、糖質制限中には完全にNGです。スタンダードな糖質制限では、糖質量を40g以下に抑える必要がありますので、どうしてもトンカツを食べたいときには、少なくともご飯には手を付けないようにしてください。

和幸の脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

揚げ物で気になるのはカロリーや糖質だけでなく、脂質ですよね。脂質制限ダイエットをしている人にとって、和幸のメニューにどれくらいの脂質が含まれているのか気になりますよね。

メニュー脂質(1食あたり)
ロースかつ(130g)46.7g
ヒレかつ(130g)32.9g
ごはん+お味噌汁1.0g

こちらも値を公開していませんので推定値になります。ロースかつ130gで46.7g、ヒレかつ130gなら32.9gです。女性が1食で摂取する脂質の目安は16.2g、男性なら21.3gです。いずれも完全にオーバーしています。

トンカツに限らず、揚げ物は油を多く使う料理ですので、それだけで脂質が増えてしまいます。脂質制限をしているときは、和幸での食事は避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.