1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チョコパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チョコパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チョコパン

チョコパンはパン生地にチョコレートを混ぜて焼き上げたもの。商品によってレシピは様々で、中にはチョコクリームを用いて作成するものもあります。チョコレートの使用で甘みが強くなるため甘党な方や子供に人気の一品です。

今回はそんなチョコパンのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

チョコパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチョコパンのカロリーを見ていきましょう。

パンの種類カロリー(100gあたり)
チョコパン286kcal
チョココロネ337kcal
クリームパン236kcal
ジャムパン282kcal
メロンパン338kcal

今回は他の甘い系パンと比較してみました。サイズは商品によってまちまちですので全て100gあたりの数値です。ただ、通常のものなら1個あたり100g前後でしょう。

こうしてみると、甘い系パンの中でも平均的なカロリー量だと分かります。とはいえ、上記のカロリー量は目安のひとつであり、チョコレートやバターの使用量が多ければ100gあたり300kcalを超えてしまうかもしれません。

また、100gあたり286kcalは決して低くない数値です。200g分も口にすれば1食分に近いカロリー摂取量になりますから、油断はしないようにしてください。特にチョコレートがたっぷり使われていそうな商品は回避しましょう。

また、チョコクリームの使われたチョココロネもカロリーが高いです。ちなみに、チョコパンにはココアを使用することもあります。しかし、甘いココアは100gあたり412kcalです。自宅チョコパンを作るときはチョコレートだけでなくココアの使い過ぎにも注意しましょう。

チョコパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチョコパンの糖質を見ていきましょう。

パンの種類糖質(100gあたり)
チョコパン40.3g
チョココロネ41.4g
クリームパン34.9g
ジャムパン54.6g
メロンパン56.1g

上記の表から分かるようにチョコパンの糖質は高いです。砂糖たっぷりのジャムを使ったジャムパンなどよりも低いものの、1個でスタンダード糖質制限の1食分(40g)とほぼ同じだけの糖質を持ちます。

ですので、何も考えずに食べれば糖質過多からの肥満に繋がるかもしれません。そもそも、甘い系パンの場合は小麦粉(100gあたりの糖質量が70g前後)から作られたパンに砂糖(100gあたりの糖質量が99g以上)たっぷりのチョコレートやクリームなどが入るわけですから糖質が高くなるのは当然です。

チョコレートは原材料の最初に砂糖がくるくらいには砂糖が多く使われています。基本的に糖質制限向けではないと考え、接種はなるべく控えるようにしてください。

チョコパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にチョコパンの脂質を見ていきましょう。

パンの種類脂質(100gあたり)
チョコパン9.5g
チョココロネ15.3g
クリームパン6.7g
ジャムパン3.7g
メロンパン7.3g

上記の表からチョコパンは脂質も高いと分かります。これは、チョコレートが100gあたり34.1gの脂質を持つためでしょう。また、バターが多めに使われている可能性もあります。

脂質の摂取目安は1食あたり16~20gほどです。チョコレートの量によっては脂質がさらに高くなる可能性もありますし、脂質オーバーを避けるためにも1個の摂取で我慢しておきましょう。そして、卵や肉など脂質の高い食品と一緒に摂取するのはNGです。

チョコレートの量が多いパンに注意

ポイントを教える女性

コンビニのパン売り場を見ていると、板チョコがまるまる挟まったような商品を見つけられます。サイズがまちまちなので何とも言えませんが、おそらくカロリーは高めでしょう。チョコレートは100gあたり558kcalもありますから、チョコレートの量が多ければ多いほどカロリーは高くなると予想されます。

チョコレートがドーンと入ったパンに惹かれる気持ちも分かりますが、ダイエット中なら避けておくのが無難だと思われます。おそらく、チョコレートの多いパンはカロリーだけでなく糖質や脂質も高いでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.