1. ダイエットレスキュー
  2. 食品米粉パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

米粉パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

米粉パン

一般的なパンは小麦粉を使用して作りますが、米粉パンの場合は米粉を用いて作成します。基本的には小麦粉を米粉に変えただけですが、アレルギー持ちの方でも食べやすく、炊飯器を用いることで簡単に作ることができます。

今回はそんな米粉パンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

米粉パンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは米粉パンのカロリーから見ていきましょう。

  • 米粉パンのカロリー:258kcal/100gあたり

一般的な食パンが100gあたり264kcalですので、ほぼ変わらないことになります。これは、米粉パンも食パンと同じくシンプルな材料で構成されるためでしょう。というよりも、言ってしまえば米粉か小麦粉かの違いくらいです。

1個あたりの重量は6枚切りの食パン1枚くらいなら60gほど。これだとカロリーは約155kcalです。バターなどを付けなければ比較的カロリーは低めですので、ダイエット中でも問題なく食べられると思われます。ただ、食べすぎには注意したいところです。

ちなみに、米粉と小麦粉のカロリーはほぼ同じです。そのため、米粉パンと小麦粉のパンでカロリーが変わらないわけですね。

粉の種類カロリー(100gあたり)
米粉366kcal
強力粉366kcal

米粉の方が低カロリーだと思っていた方は認識を改めましょう。

米粉パンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に米粉パンの糖質を見ていきましょう。

  • 米粉パンの糖質:48.6g/100gあたり

一般的な食パンの糖質が100gあたり44.4gですから、実は米粉パンの方が少しだけ高糖質です。その理由については米粉と小麦粉の糖質差を見てもらうのが早いでしょう。

粉の種類糖質(100gあたり)
米粉89.3g
強力粉68.9g

上記のように米粉の方が100gあたり20.4gほど糖質が高いのです。そのため、米粉を用いた米粉パンの方が一般的な食パンより高糖質になります。

米粉パンは主に米粉と小麦粉の両方を用いて作るパンと、米粉のみを利用して作るパンに分けられ、上記は両方を用いて作るレシピを参考にした時の数値です。おそらく、米粉100%で作る場合はもう少しだけ糖質が高くなるでしょう。

食パンの時点で糖質制限向けとは言えない糖質量ですから、当然ながら米粉パンも糖質制限には向きません。米という名前から糖質が高いことを想像できた方も多いでしょう。糖質制限中の摂取はなるべく避け、食べるにしても薄くカットするよう心がけましょう。また、ジャムは糖質が高いので使わないようにしてください。

米粉パンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に米粉パンの脂質を見ていきましょう。

  • 米粉パンの脂質:5.0g/100gあたり

参考にしたレシピにバターがやや多めに使用されているため、食パン100gの脂質4.4gより高い数字になっていますが、米粉の方が小麦粉よりも低脂質なわけですから本来は米粉パンの方が低脂質になると考えられます。

粉の種類脂質(100gあたり)
米粉0.7g
強力粉1.8g

上記のように、米粉は小麦粉の半分以下の脂質しか持ちません。そもそも小麦粉の時点で低脂質ではあるのですが、特にこだわりがなければ米粉を用いて脂質をさらに下げるとよさそうです。後はバターやオリーブオイルなど脂質の高い調味料を避けるようにしてください。

食パンに飽きたら米粉パンを食べよう

ポイントを教える女性

糖質はやや高いものの、米粉パンは基本的に食パンと同じ感覚で食べることができます。ダイエット中はバターやジャムをつけずに食パンを食べることが多いわけですが、毎日そのままの食パンだと飽きが襲ってくるでしょう。

そんな時は、食感や風味がちょっと変わる米粉パンで飽きを回避してみてください。米粉パンは炊飯器で作れますし、最近は材料を混ぜるだけで平気なホームベーカリーも登場しています。これなら料理が苦手な方でも安心でしょう。

ちなみに、米粉と小麦粉では栄養価にも少しだけ差があり、カルシウムや鉄の含有量は米粉の方が少しだけ多かったりします。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.