1. ダイエットレスキュー
  2. 食品塩バターパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

塩バターパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

塩バターパンはその名の通り、塩とバターを用いたパンのことで、塩パンと呼ばれることもあります。少し前は知名度の低いパンでしたが、今ではすっかりベーカリーショップの定番メニューになりました。そのため、皆さんも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

今回はそんな塩バターパンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

塩バターパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

好みなどで変わってくるとは思いますが、塩バターパン1個は以下のような材料から作り出されます。

材料カロリー
強力粉(25g)92kcal
砂糖(2.5g)10kcal
スキムミルク(2g)7kcal
バター(5g)37kcal

上記の材料から塩バターパンを作成すると下記のようなカロリー量になるでしょう。

  • 塩バターパンのカロリー:146kcal/1個あたり

本来は他にもイーストや塩を用いるわけですが、使用量が少なくカロリーへの影響が少ないため除外してあります。そのため、1個あたり150kcal前後は見ておくといいかもしれません。

また、今回は家庭で作る1個のサイズが小さめの塩バターパンを想定しています。これがベーカリーショップの商品になるとサイズがやや大きめになり、カロリーも高めになることがあるので気を付けてください。

1個146kcalであればダイエット中でも摂取できます。ただ、3個4個となるとカロリーオーバーが心配になってきますので、食べ過ぎないよう気を付けましょう。

ちなみに、レシピ次第ではバターが1個に10g使われることもあります。この場合はカロリーがさらに37kcalほど高くなるでしょう。自宅で作る場合はバターの使い過ぎにも警戒した方がよさそうです。

塩バターパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に材料の糖質から塩バターパンの糖質を考えていきましょう。

材料糖質
強力粉(25g)17.2g
砂糖(2.5g)2.5g
スキムミルク(2g)1.1g
バター(5g)0.0g

上記の材料から塩バターパンを作成すると以下のような糖質量になります。

  • 塩バターパンの糖質:20.8g/1個あたり

材料の糖質を見る限り、そのほとんどが強力粉にあると言えます。これは薄力粉や中力粉も同じことで、基本的に小麦粉は糖質が高いため、塩バターパンに限らずパンは全体的に高糖質です。

また、砂糖が重さと同量の糖質を含む部分にも注目したいところ。砂糖の使い過ぎは糖質過多につながりますので、自分で作る際は控えめにしましょう。逆に、糖質的に考えるとバターは問題ないです。

1個で糖質20.8gですと2個の摂取で糖質オーバーなわけです。それでいて、先ほども言ったように1個のサイズが小さめ。2個で満腹になるのは難しいと思われます。

このことから、塩バターパンは糖質制限に向かないと言えるでしょう。

塩バターパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に材料の脂質から塩バターパンの脂質を考えていきましょう。

材料脂質
強力粉(25g)0.5g
砂糖(2.5g)0.0g
スキムミルク(2g)0.0g
バター(5g)4.1g

上記の材料から塩バターパンを作成すると以下のような脂質量になります。

  • 塩バターパンの脂質:4.6g/1個あたり

材料の脂質を見れば分かるように、塩バターパンの脂質量はバターの使用量に比例します。今回は1個に対して5gの使用を想定しているため、そこまで高い脂質量ではありませんが、中には1個あたり10gのバターを用いる塩バターパンもあるわけで、そうなると脂質は1個あたり8.7gにもなってしまいます。

カロリーのことも含め、バターの量はやや控えめにするのが無難そうです。

塩バターパンは自作がおすすめ

ポイントを教える女性

ベーカリーショップの塩バターパンを見ていると、高カロリーな商品が多いと分かります。これは、おそらく味を良くするためにバターを多く使用しているからでしょう。もちろん、全てのショップに共通するとは言いませんが、出来ることなら塩バターパンは自分で作るのがおすすめです。

自作であればバターや砂糖の量を自分で調整することができます。ダイエット中ならバターは控えめに。また、糖質制限中なら強力粉ではなく大豆粉などの低糖質な粉を使用するといいかもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.