1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ピーナッツパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ピーナッツパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

ピーナッツパンはピーナッツを用いて作るパンのこと。くるみパンのように、直接ピーナッツを入れるのではなく、どちらかと言えばピーナッツクリームやピーナッツバターを用いて作る方がメジャーかもしれません。特に市販品はピーナッツクリームを使ったものが多いです。

今回はそんなピーナッツパンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ピーナッツパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはピーナッツパンのカロリーを見ていきましょう。

  • ピーナッツパンのカロリー:248kcal/1個あたり

ピーナッツパンにも様々な形状がありますので、上記は一例です。重さは1個あたり約70gを想定しています。70gで248kcalだと、通常の食パンやバターロールより高カロリーですね。

これは、単純にピーナッツが用いられるせいでしょう。イメージからピーナッツをヘルシーと思っている方もいるようですが、ピーナッツは100gあたり562kcalもある高カロリーな食品です。また、ピーナッツバターになると100gあたり640kcalもあります。

そんなピーナッツを使ったパンですからカロリーが高くなるのは当然でしょう。1個で100g程度あれば300kcalを超えてしまいます。ダイエット中に食べるならヘルシーな食品を組み合わせましょう。

ピーナッツパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にピーナッツパンの糖質を見ていきましょう。

  • ピーナッツパンの糖質:22.1g/1個あたり

一般的な食パンが70gで31.1gの糖質を持ちますから、サイズのわりに糖質は低めかもしれません。とはいえ、1個で20g以上の糖質を持っていれば十分に高糖質な部類です。2個でスタンダード糖質制限の1食分を超えてしまいますので、なるべく摂取は避けましょう。

一般的な食パンに比べて糖質が低い理由はピーナッツが100gあたり11.4gしか糖質を持たないためです。ただ、商品によっては甘みの強いピーナッツクリームを使用しているため、糖質が上記の数値より高いかもしれません。

ピーナッツパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にピーナッツパンの脂質を見ていきましょう。

  • ピーナッツパンの脂質:12.4g/1個あたり

脂質はパン類の中でも高めだと考えてください。ホットドッグやカレーパンなども高脂質で有名ですが、ピーナッツパンについてはそれらを上回る可能性があります。

というのも、ピーナッツは100gあたり47.5gもの脂質を含んでいます。また、ピーナッツバターも100gあたり50.7gと高脂質です。そのため、ピーナッツを用いることで確実に脂質は高くなります。自分で作る場合はピーナッツの量を控えめに。何も考えずに大量投入すると、脂質が大変なことになってしまいますよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.