1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コロッケパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コロッケパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コロッケパン

コロッケパンはコッペパンなどシンプルなパンにスリットを入れ、そこにコロッケを挟んだパンのことです。パンのふわふわした食感とコロッケのサクサクした食感が心地よく、学生向け購買などの定番メニューとしても有名です。

今回はそんなコロッケパンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

コロッケパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはコロッケパンのカロリーから見ていきましょう。

  • コロッケパンのカロリー:232kcal/100gあたり

コロッケやパンのサイズによりますが、1個あたりの重量は150gといったところです。つまり、コロッケパン1個だと348kcalくらいです。成人男性の1食分が600~700kcalですから、2個でギリギリ。ちょっとソースの量が多ければアウトですので、2個の摂取は危険でしょう。

肉類を用いたパン。具体的にはホットドッグやカツサンドなどに比べればカロリーは低めだと思われますが、コロッケも揚げ物ですから低カロリーとは言えません。

カロリー制限中ならパンのサイズを小さくする、コロッケを少なめにしてキャベツを多くするなどの工夫が必要そうです。

コロッケパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にコロッケパンの糖質を見ていきましょう。

  • コロッケパンの糖質:30.2g/100gあたり

1個が150gの場合、1個あたり45.4gも糖質を持つことになります。糖質制限中の方ならご存知のように、1食分の糖質目安はスタンダードな糖質制限で40gと言われています。そのため、コロッケパンは糖質制限に向きません。

調理パンに用いられるソーセージや卵などは糖質が低めなのですが、コロッケの場合はジャガイモが原材料なことから高糖質で100gあたり25.3gもの糖質を含みます。つまり、コロッケパンとは糖質イン糖質のような料理なのです。

パンとコロッケのサイズを小さくすることでギリギリ40g以内に収めることは可能だと思われます。ただ、コロッケパン1個で1食分は辛いものがあるでしょう。

コロッケパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にコロッケパンの脂質を見ていきましょう。

  • コロッケパンの脂質:9.5g/100gあたり

1個が150gなら脂質は14.3gほどです。一応は1食分の目安である16~20g以内に収まる数値ですね。ただ、パンに利用されるバターの量やコロッケのサイズ次第では危ないかもしれません。

ただ、コロッケパンのパンにバターが多く用いられることは少ないでしょう。やはり、警戒すべきはコロッケのサイズです。衣が多いコロッケはサクサク感があって美味しいものの、油を多く吸っている可能性が高いので気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.