1. ダイエットレスキュー
  2. 食品フカヒレスープのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

フカヒレスープのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

フカヒレスープ

中華料理の高級食材を使ったフカヒレスープ。フカヒレはとても栄養価が高く、体にもいいことで知られていますが、ダイエットをしているときにはどうなのでしょう?高すぎる栄養価によって太ってしまうのでしょうか?それとも痩せやすいのでしょうか?

ここではそんなフカヒレスープのカロリーや糖質、そして脂質についてご紹介し、ダイエットへの向き不向きについて説明します。

フカヒレスープのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、フカヒレスープのカロリーについて見ていきましょう。比較のために、一般的なスープのカロリーもご紹介します。

スープの種類カロリー(100gあたり)
フカヒレスープ54kcal
ワカメスープ23kcal
中華スープ30kcal
コーンスープ43kcal

フカヒレスープ100gのカロリーは54kcalです。他のスープと比べるとかなり高めになっていることがわかります。通常は1杯で180gくらいありますので、フカヒレスープ1杯で97.2kcalです。極端に高い値ではありませんが、メインの料理によってはカロリーオーバーとなります。

フカヒレスープのカロリーが高いのは、フカヒレのカロリーが高いためです。スープそのものにはそれほどカロリーが含まれていませんので、カロリー制限中はフカヒレを少なめにして飲むなどの工夫をしましょう。

フカヒレスープの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次にフカヒレスープの糖質について見ていきましょう。

スープの種類糖質(100gあたり)
フカヒレスープ1.7g
ワカメスープ0.5g
中華スープ0.6g
コーンスープ6.7g

コーンスープと比べると糖質は少なめですが、ワカメスープや中華スープと比べると倍近い糖質が含まれています。1杯で約3.1gの糖質ですので糖質が高いわけではありませんが、徹底して糖質を取り除きたいのであれば、フカヒレスープはおすすめできません。

糖質の原因となっているのは、とろみにつかう片栗粉やお酒などの調味料です。カロリーのように何かを少なめにするということができませんので、糖質制限にこだわるのであれば、とろみのない中華スープなどを選ぶようにしましょう。

フカヒレスープの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリー、糖質と紹介してきましたので、次はフカヒレスープの脂質について見ていきましょう。

スープの種類脂質(100gあたり)
フカヒレスープ1.0g
ワカメスープ1.5g
中華スープ1.8g
コーンスープ1.4g

表を見てもらえばわかりますが、4つのスープの中で最も脂質が少ないスープがフカヒレスープです。100gあたり1gですので、1杯でも1.8gしかありません。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、フカヒレスープ1杯分くらいはまったく問題ありません。

フカヒレスープは脂質制限ととても相性のいいスープです。中華料理の脂質が気になるという人は、脂質がかなり抑えられるフカヒレスープがおすすめです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.