1. ダイエットレスキュー
  2. 食品水飴のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

水飴のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

水飴

水飴は液体化した甘味料のこと。駄菓子屋などで色付きの商品が販売される他、瓶入りの商品などもあります。そのまま食べるもよし、料理に使うもよしの食品であり、実は砂糖が日本にやってくる前から利用されていました。

今回はそんな水飴のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

水飴のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは水飴のカロリーから見ていきましょう。

  • 水飴のカロリー:328kcal/100gあたり

一般的な上白糖の384kcalに比べて低めの数字です。これは、水飴の水分量が上白糖に対して高いことも関係すると思われますが(水分量が多いほど重さに対してのカロリー量は下がる)そもそも水飴と砂糖では別物です。

水飴は砂糖に比べて糖度が低く、甘みを強くするためには砂糖よりも多くの量を使用する必要があります。そのため、水飴の方が低カロリーに見えても、甘みを強くする料理には砂糖を用いた方がいいかもしれません。

ただ、大学芋などに使用するなら水飴の方が適しているでしょう。使用する時は甘さをやや控えめに、水飴を使い過ぎないよう気を付けてください。

また、水飴をそのまま食べるのもカロリー摂取量が高くなりがちです。ダイエット中ならおやつに水飴はあまりおすすめできません。

水飴の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に水飴の糖質を見ていきましょう。

  • 水飴の糖質:85g/100gあたり

水飴は重さに対して約15%の水分を含むと言われています。つまり、100gの水飴だと15gは水分なわけです。すると、水分以外は85gと分かります。そして、100gあたりの糖質も85gです。

ここまでくれば、もう言いたいことは分かるでしょう。そう、水飴は水分と糖質で構成された食品なのです。水分を含む分だけ上白糖やグラニュー糖よりは低糖質ですが、先ほど言ったように水飴は糖度が低めですので、砂糖より多く使ってしまうことも少なくありません。

糖質過多にならないよう、水飴の使用量をセーブするようにしてください。

水飴の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に水飴の脂質を見ていきましょう。

  • 水飴の脂質:0g/100gあたり

先ほど言ったように水飴はほぼ水分と糖質で構成されています。そのため、脂質については基本的に0gだと考えて平気でしょう。マヨネーズなどのように脂質を気にしながら使用する必要はありません。

とはいえ、カロリーや糖質は高い食品ですので、脂質を含まないからと言って使いすぎるのはNGです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.