1. ダイエットレスキュー
  2. 食品サラダ油のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

サラダ油のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

サラダ油

サラダ油は精製度が高く低温でも固まりにくいという特徴を持った植物油のことです。主に、なたね、大豆、とうもろこし、ごま、べにばな等が原料になっているものを指します。用途としてはドレッシング作りや揚げ物でしょうか。

今回はそんなサラダ油のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

サラダ油のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはサラダ油のカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
サラダ油921kcal
なたね油921kcal
ごま油921kcal
オリーブオイル921kcal

上記の表のとおり、サラダ油などの食用油にカロリーの違いはありません。基本的に、どの食用油でも均一で100gあたり921kcalです。

サラダ油よりオリーブオイルの方がヘルシーに感じる、と思っていた方は完全に勘違いです。食用油については特殊な商品を除いてカロリー、糖質、脂質の全てが同じ数値となっています。

現在のところ、最もカロリーの高い栄養素が脂質であり、脂質100%とも言える食用油を上回るカロリーの食品は存在しないとされています。つまり、サラダ油は数ある食品の中でも最もカロリー制限ダイエットに向かないとも言えるかもしれません。

大さじ1杯(12g)の使用でも111kcalほどあります。そのため、揚げ物などは非常にカロリーが高くなります。他にもスイーツ類や炒め物、中華料理など用途の広い調味料ですが、他の食用油も含め使い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

ちなみに、サラダ油とは精製度の高さからくる分類であり、上記だとなたね油やごま油もサラダ油の一種ということになります。

サラダ油の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にサラダ油の糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
サラダ油0.0g
なたね油0.0g
ごま油0.0g
オリーブオイル0.0g

サラダ油は最もカロリーの高い食品である反面、最も糖質の低い食品とも言えるかもしれません。100gあたりの糖質がほぼ0gですので、糖質制限的にはいくら使っても大丈夫なことになります。

野菜類の糖質が低いことから、名前の通りサラダに使用するとよさそうです。ただ、名前の通りサラダ油をサラダにそのままかける方は少ないでしょう。サラダ油からマヨネーズやドレッシングを作り、サラダと一緒にいただくのがおすすめです。

また、揚げ物や炒め物についても主食系が含まれなければ低糖質だと思われます。このことから、揚げ物などコッテリした料理が好きな方はカロリー制限よりも糖質制限の方が向いているかもしれません。

サラダ油の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にサラダ油の脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
サラダ油100g
なたね油100g
ごま油100g
オリーブオイル100g

既に話したように、なたね油やごま油などのサラダ油にせよ、オリーブオイルにせよカロリーや糖質、脂質に変わりはありません。ほぼ脂質で構成されているため、100gあたり100g、つまり重量に対して100%の脂質を含むと考えてください。

大さじ1杯(12g)と少しの使用で1食分の脂質(16~20g)を摂取することになります。カロリーや脂質の過剰摂取を避けるなら、サラダ油などの使用は控えておくのが無難です。揚げ物やマヨネーズなどが高脂質でダイエットに向かないと言われる理由がお分かりいただけたでしょう。

サラダ油に関する注意点

ポイントを教える女性

サラダ油の中でも大豆などを原料としたものはリノール酸の量が多いことから、あまりおすすめできません。リノール酸の過剰摂取はよくないと言われるうえ、現代人はリノール酸を過剰摂取する傾向にあるとされます。

これが心配な方は、オレイン酸を多く含んだ菜種油などを使用するといいかもしれません。また、オリーブオイルも同じくオレイン酸を多く含みます。カロリーや糖質、脂質の量は同じでも、含有する脂肪酸の種類などが違うので油選びは慎重に行いましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.