1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ラー油のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ラー油のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ラー油

ラー油は餃子や麻婆豆腐などの中華料理には欠かせない調味料。植物油と唐辛子などの香辛料を用いることから辛みが強く、近年はフライドガーリックなどを入れた食べるラー油も人気があります。漢字で表記する場合は辣油となり、「辣」は熱を伴った辛さを意味します。

今回はそんなラー油のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ラー油のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはラー油のカロリーを見ていきましょう。

  • ラー油のカロリー:919kcal/100gあたり

ラー油は植物油(ごま油など)で唐辛子を煮込み、辛みを付けた調味料ですから言ってしまえばほぼ油で構成されています。そのため、サラダ油やごま油などの100gあたり921kcalと2kcalしか変わりません。

そして、サラダ油などの油は最もカロリーの高い食品と言われています。このことから、ラー油が高カロリーだとお分かりいただけるでしょう。

とはいえ、ラー油を1回で100gも使うことはまずありません。そもそも、一般的な小瓶なら1瓶あたり30g前後です。餃子1皿に使う量なら1gや2g、多くても3gくらいでしょう。1gなら9kcal、3gでも30kcal以下ですから、そこまで気にする必要はないと思われます。

ただ、ラー油が大好きで1回に瓶の1/3も使ってしまうような方は、使用量を抑えるようにしてください。

ラー油の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にラー油の糖質を見ていきましょう。

  • ラー油の糖質:0g/100gあたり

ラー油はほぼ油で構成されるため糖質については含まれません。データ上でみれば100gあたり0gですので、糖質については気にせずとも大丈夫でしょう。1瓶まるまる使おうが糖質制限的には影響ありません。

ただ、油の塊のような存在ですから、使いすぎれば気持ち悪くなってしまうのは目に見えています。カロリーや脂質の量を踏まえ、極端な使い過ぎは避けるべきでしょう。

ちなみに、食べるラー油の場合はフライドガーリックなどの影響から糖質が発生します。商品によってはやや高めですので、購入前に栄養成分で炭水化物量と食物繊維量を確かめておきましょう。「炭水化物-食物繊維=糖質」です。

ラー油の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にラー油の脂質を見ていきましょう。

  • ラー油の脂質:99.8g/100gあたり

脂質量を見ると、ラー油がほぼ油の塊だと分かりやすいですね。油の100gあたり100gと0.2gしか変わりません。幸いにもラー油は使用量が少ないため、ラー油だけで脂質オーバーを起こすことは無いと思われます。

ただ、使いすぎれば脂質オーバーの原因になるのは確かです。特に中華料理は脂っこく脂質が高い料理が多いです。脂質が高くなりすぎないよう、使用量を調整してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.