1. ダイエットレスキュー
  2. 食品スープストックのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

スープストックのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

スープストックは牛肉や鶏肉、魚、野菜などを煮込んだ出し汁のことです。スープストックを直訳すると貯蓄したスープなどになりますが、現在はスープストックといえば洋風出汁のことを指すのが一般的です。

今回はそんなスープストックのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

スープストックのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはスープストックのカロリーから見ていきましょう。

  • スープストックのカロリー:6kcal/100gあたり

スープストックにも様々な種類があるため、カロリー量は変動すると思われますが、基本的に低カロリーとされています。100gあたり6kcalしかなければ、1kgを摂取したとしても60kcalです。そのため、カロリー制限中にぴったりの食品と言えるでしょう。

ただ、スープストックがいかに低カロリーであろうと、スープに入れる具材や味付けによってはカロリーが高くなることもあります。カロリーを抑えたい場合は、カロリーの低い野菜類を中心に構成しましょう。

また、野菜の煮込み料理に使うのもおすすめです。カロリーを増やさずに味を付けたい方は利用してみるといいでしょう。

スープストックの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にスープストックの糖質を見ていきましょう。

  • スープストックの糖質:0.3g/100gあたり

カロリーに続いて、糖質も非常に低いと考えてよさそうです。商品によってはもう少し高いかもしれませんが、100gあたり糖質10gなど極端に高くなることは少ないと思われます。

具材が野菜中心であれば、スープにしても糖質はそう高くならないでしょう。キャベツやトマト、ズッキーニなどは糖質が低く、スープストックとの相性が良いと言われています。

また、鍋料理などに使うのもおすすめです。ただ、シメのうどんや雑炊は糖質が高いので控えてください。また、パスタ類にも使われますが、これも糖質が高いためおすすめはできません。

スープストックの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にスープストックの脂質を見ていきましょう。

  • スープストックの脂質:0g/100gあたり

昆布出汁などと同じく脂質はほぼ含んでいません。また、含んでいたとしても微々たるものでしょう。オリーブオイルやマヨネーズなど脂質の高い調味料や、肉類など脂質の高い食品の大量投入をしなければ問題なさそうです。

ちなみに、スープストックが余った時は製氷機などに入れておくと、また便利なスープストックになります。捨てるのがもったいないと思えば試してみるのもいいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.