1. ダイエットレスキュー
  2. 食品薄力粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

薄力粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

薄力粉

パンやお菓子作りに必須な小麦粉ですが、タンパク質の含有量や形成するグルテンの性質でいくつかに分類されます。その中でもタンパク質の割合が8.5%以下と低いものを薄力粉と呼び、主にケーキやマフィンなどお菓子類の材料として用いられます。

今回はそんな薄力粉のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

薄力粉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

薄力粉のカロリーがどのくらいなのか、今回は他の小麦粉と比較しつつ見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
薄力粉368kcal
中力粉368kcal
強力粉366kcal

一般的な成人男性の1食分が600~700kcalですので、薄力粉のカロリーが高いと分かります。薄力粉から作るケーキやマフィンなどの洋菓子は、さらに砂糖やバターが加わりますので基本的にカロリー制限向けとは言えないカロリー量になると考えてください。ケーキなら1切れで400kcal前後ということもあるでしょう。

他の小麦粉と比べてみると、カロリー量の差はほとんどありません。中力粉とはほぼ同じ、強力粉よりはほんのわずかだけカロリーが高いです。とはいえ、実に微々たる差ですので、料理に合わせて使用する小麦粉を変更しても何ら問題はないでしょう。

ちなみに、薄力粉はタンパク質の含有量で1等と2等に分けることができます。1等だとタンパク質の含有量が少しだけ低く、同時にカロリーもわずかながら下がります。とはいえ、100gあたり1kcal程度の差しかありませんので、特に気にする必要はないでしょう。余裕があれば1等と2等が存在することを頭の片隅に置いておいてください。

薄力粉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に薄力粉などの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
薄力粉73.4g
中力粉72.0g
強力粉68.9g

糖質制限中の方ならご存知のように、小麦粉は非常に多くの糖質を含んでいます。薄力粉はその中でも特に糖質が高く、100gあたりだと強力粉より5g近くも高い数字です。とはいえ、薄力粉と強力粉では用途が違いますから無理に置き換える必要はないでしょう。

むしろ、糖質制限ダイエット中なら薄力粉の使用を控えることが大切です。ケーキなどの洋菓子が食べたい気持ちも分かりますが、あれには砂糖やクリームなども含まれますから糖質制限中は我慢しておきましょう。

ちなみに、1等と2等では糖質量も少しだけ違います。2等の方が若干ながら炭水化物の含有量が少ないようです。

薄力粉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に薄力粉などの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
薄力粉1.7g
中力粉1.8g
強力粉1.8g

カロリーや糖質と違い、脂質だけは薄力粉が最も低い数字となりました。とはいえ、100gあたりたったの0.1g差ですので、誤差レベルと言えるでしょう。

1食の脂質摂取目安が16~20gに対して上記の数字と考えれば、薄力粉の脂質は低いと言えそうです。カロリーや糖質のことを考えなければ、多めに使用しても大丈夫でしょう。

ただ、薄力粉を用いるケーキ類はクリームやバターを使用するため脂質が高くなりやすいです。クリームたっぷりのケーキなどには気を付けてください。

薄力粉を使用する時の注意点

ポイントを教える女性

薄力粉はカロリーや糖質の高い食品です。特に糖質量は非常に高く、薄力粉から作られるケーキなどを1切れ食べるだけでも糖質オーバーの恐れがあります。そのため、糖質制限中の方は薄力粉を大豆粉やおからパウダーなど糖質の低い粉類に置き換えましょう。

また、薄力粉を使った天ぷらは油を使用することからカロリーが高くなります。衣が多いほどカロリーや脂質は高くなりますので、衣は薄めにしておくのがいいかもしれません。

もちろん、ケーキにするならクリームの使い過ぎなどにも注意。このようなポイントをしっかりと守って、カロリー、糖質オーバーを避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.