1. ダイエットレスキュー
  2. 食品強力粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

強力粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

強力粉と卵

強力粉は小麦粉の中でもタンパク質の割合が12%以上のものを指します。このタンパク質の割合が9%前後になると中力粉、8.5%以下なら薄力粉です。強力粉の主な用途はパンや中華麺などで、薄力粉に比べると食事向けの粉と言えるかもしれません。

今回はそんな強力粉のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

強力粉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは強力粉のカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
強力粉366kcal
中力粉368kcal
薄力粉368kcal

レシピにもよりますが、食パンなどは重さに対して半分程度の強力粉が用いられます。つまり、1個あたり100gのパンなら50g程度は強力粉で出来ており、それだけで183kcalはあることになってしまいます。

さらにバターや砂糖、牛乳などが用いられるため、1個で100gのパンなら250~350kcalくらいはありそうです。つまり、強力粉はカロリーが高く、また強力粉から作られるパン類も基本的にカロリーが高めということです。

薄力粉や中力粉よりカロリーが低いとはいえ、100gあたり2kcalの差ですから誤差の範囲でしょう。1g多く入れるだけで強力粉の方が高カロリーになってしまいます。

糖質ほどは高くないため、絶対に摂取を避けろとは言いませんが、強力粉をたくさん使った料理は基本的にカロリーが高めだと覚えておきましょう。

ちなみに、強力粉には1等と2等の2種類があり、1等の方がわずかながらカロリーが低めです。これも誤差の範囲ではあるものの、頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

強力粉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に強力粉の糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
強力粉68.9g
中力粉72.0g
薄力粉73.4g

名前のイメージから強力粉が最も高糖質と思われがちですが、実際はその逆で強力粉が3種類の中では最も低糖質。薄力粉と比べた場合は100gあたり4.5gほどの差があります。

とはいえ、強力粉も高糖質なことには変わりありません。先ほどと同じく100gのパンに50gの強力粉が使われると想定した場合、強力粉だけで34.5g程度の糖質を持つことになります。

スタンダード糖質制限だと1食あたり40gまでしか糖質を摂取できませんから、100gのパン1個でギリギリ。2個も食べれば大幅な糖質オーバーです。また、強力粉はピザやパスタなどに用いられることもありますが、これらも当然ながら高糖質です。

糖質制限中なら、強力粉をメインにした食材・料理は基本的に口にできないと考えてください。

強力粉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に強力粉の脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
強力粉1.8g
中力粉1.8g
薄力粉1.7g

脂質の摂取目安は1食あたり16~20g前後です。そして、100gのパンに使用される強力粉が50gだとすれば、脂質は0.9g程度です。つまり、強力粉の使用で脂質オーバーを起こす心配はほぼ無い、というわけです。

とはいえ、パン類にはバターが用いられるますし、時にはチョコレートやクリームを混ぜることもあります。また、麺類も卵などを用いることがあるため油断はできません。

ダイエット中に強力粉を使うときの注意点

ポイントを教える女性

まず、強力粉と共にバターや砂糖などを大量に用いるとパンのカロリーが高くなってしまいます。ですので、なるべくカロリーが抑えられるよう、バターは使用量を少なめに、砂糖はカロリーカットの甘味料などで代用しましょう。

また、糖質制限中の方なら強力粉を大豆粉やおから粉などに置き換えてください。これらは低糖質パンに利用される材料で、その糖質量は100gあたり20g以下。おから粉に関しては10g以下です。

後はパンの場合はジャムやマーガリンなどのつけすぎに、麺類なら肉類や卵の大量投入に気を付けましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.