1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カレー粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カレー粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カレー粉

カレー粉はウコンやトウガラシなどをミックスして作るスパイスのこと。インドでは一般家庭で作られるほどポピュラーなスパイスですが、日本の場合はカレールーを用いることが多く、需要はやや低めかもしれません。主に本格的なカレーを作る際や、料理にカレー味を付けるときに利用されます。

今回はそんなカレー粉のカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

カレー粉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカレー粉のカロリーから見ていきましょう。

  • カレー粉のカロリー:415kcal/100gあたり

100gあたりだとカレー粉のカロリーが非常に高いと分かります。一般的な砂糖が100gあたり384kcal、小麦粉が368kcalですから、それより数十カロリーも高いわけです。

砂糖や小麦粉のカロリーが高く、あまりダイエットに向かないのは有名な話でしょう。ただ、カレー粉は砂糖や小麦粉に比べて使用量がやや少なめです。

たとえば、4人分のカレーを作るときに使用される量が、おおよそ大さじ2杯(12g)くらいです。12gならカロリーは50kcal前後。これならカレールーを使ってカレーを作るよりも低カロリーかもしれません。

ただ、2つの意味で使い過ぎには注意したいところです。まず、カレー粉は意外と何にでも合う調味料ですが、サラダなどにかけすぎると、せっかくの低カロリー料理が台無しになることもあります。

また、カレー粉の辛みは食欲増進効果を持つと言われています。つまり、カレー粉を塗布することで食事を摂りすぎてしまう恐れがあるわけです。これらのことを踏まえ、使用量をセーブするようにしてください。

カレー粉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカレー粉の糖質を見ていきましょう。

  • カレー粉の糖質:26.4g/100gあたり

カレー粉には63.3gもの炭水化物が含まれるものの、食物繊維量が36.9gと豊富ですので、糖質量は100gあたり26.4gほどです(炭水化物-食物繊維=糖質)。

糖質については砂糖や小麦粉よりも確実に低い数字です。それでいて、使用量はそう多くないため糖質的には安心できるでしょう。大さじ2杯使用したとしても糖質は3.2g程度しかありません。

ただ、カレー粉は小麦粉や片栗粉と一緒に用いられることが多い点には注意してください。これは、とろみをつけるためですね。小麦粉は重さに対して7割程度の、片栗粉は重さに対して8割程度の糖質を含みます。少しの使用が糖質オーバーに繋がると考えてください。

カレー粉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にカレー粉の脂質を見ていきましょう。

  • カレー粉の脂質:12.2g/100gあたり

上記を大さじ2杯に直すと脂質は1.5g程度になります。対して、1食分の脂質は16~20gと言われますので、カレー粉は低脂質な調味料と言えるでしょう。

ただ、カレー粉はマヨネーズなど高脂質な食品と共に使われることもあります。マヨネーズやバター、肉類とともに用いるときは脂質量の上昇に気を付けましょう。脂質の過剰摂取は肥満につながると言われています。

カレー粉を使った料理のカロリーや糖質

ポイントを教える女性

さて、ここまででカレー粉のカロリーや糖質が分かりました。しかし、カレー粉を使った料理自体はどのくらいのカロリーや糖質を持つのでしょうか。

種類カロリー糖質脂質
カレーライス(1皿)862kcal124.5g26.5g
ドライカレー(1皿)587kcal97.9g12.8g
カレーパン(1個)358kcal38.3g16.6g

あくまでも一例ではありますが、全体的にカロリーや糖質、脂質が高いと分かります。定番であるカレーライスは1皿でカロリーも糖質も脂質も1食分以上の数字です。これらの食べ過ぎはダイエット的に考えてよくありませんので、カレー粉を使う場合はレシピに工夫を施してカロリーや糖質などを下げるようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.