1. ダイエットレスキュー
  2. 食品デミグラスソースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

デミグラスソースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

デミグラスソース

デミグラスソースはハヤシライスやハッシュドビーフ、ハンバーグ、オムライスなどに用いる西洋料理のソースのこと。玉ねぎやバター、小麦粉、ワインなど使用する材料が多く、自作する場合はやや手間になりますが、最近では簡単に使えるデミグラスソースの缶も販売されています。

今回はそんなデミグラスソースのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

デミグラスソースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはデミグラスソースのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
デミグラスソース164kcal
ミートソース101kcal
ホワイトソース147kcal

今回は同じく洋食に利用されるミートソースや、シチューなどに必要不可欠なホワイトソースを比較対象にしてみました。こうしてみると、デミグラスソースは洋食に使われるソースの中でもカロリーが高いと分かります。

これは、材料にバターや小麦粉など高カロリーなものがあるためでしょう。特にバターは使用量がそれなりに多いうえ、少量でも高カロリーな食品です。

ハヤシライスなどの料理1人前に使用する量が120gくらいでしょうか。120gだと197kcalほどで、ここにご飯や具材のカロリーがプラスされることを考えると、ややカロリーオーバーが心配になってきます。

ちなみに、デミグラスソースは商品やレシピでカロリーが異なってきます。缶入りのものを購入するなら、先に栄養成分でエネルギー量を確かめておきましょう。

デミグラスソースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にデミグラスソースの糖質を見ていきます。

種類糖質(100gあたり)
デミグラスソース5.4g
ミートソース10.1g
ホワイトソース9.5g

デミグラスソースの材料は各種野菜類やバター、ワインなどですから、基本的に糖質は低めです。一応、小麦粉が使われるものの少量ですし、上記のようにミートソースの半分程度の糖質しかありません。

デミグラスソース単体なら200gや300gを摂取しても糖質オーバーにはならないでしょう。糖質制限ダイエット中でも1食あたり40g程度までは糖質を摂取できます。

ただ、ハヤシライスやオムライスなどご飯が入るメニューはアウトです。逆にハンバーグやオムレツなど主食系を含まないメニューなら、デミグラスソースをたっぷりかけても問題ないでしょう。

もちろん、糖質についても商品やレシピによって異なります。心配な方は購入前に栄養成分の炭水化物量を確かめるようにしてください。

デミグラスソースの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にデミグラスソースの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
デミグラスソース11.9g
ミートソース5.0g
ホワイトソース10.2g

カロリーと同じく、脂質も洋食に用いるソースの中で高めの数字です。これは、やはりバターを多めに用いるためでしょう。

使用量が120gだと脂質量は14.3gほど。1食分の目安とされる16~20gには収まるものの、普通はここにハンバーグやオムライスなどの脂質がプラスされるのですから、脂質オーバーの可能性は高いと言えるでしょう。特に肉類や卵類を中心とした料理は脂質が高めですので気を付けてください。

ヘルシーなデミグラスソースを作ろう

ポイントを教える女性

一般的なレシピで作るデミグラスソースは意外とカロリーが高いです。また、缶入りも商品によっては高カロリーでしょう。そのため、ダイエット中ならデミグラスソースを自作してカロリーを抑えるのがおすすめです。

たとえば、バターを使用しないレシピもあります。これだけでもカロリー量はかなり変わってくるでしょう。冒頭で作るのにやや手間がかかると言いましたが、ネット上には簡単にデミグラスソースを作成できるレシピも存在します。

自作であればカロリーの高そうな材料を減らすなど工夫できますし、ぜひデミグラスソース作りにチャレンジしてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.