1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コーンスターチのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コーンスターチのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コーンスターチ

コーンスターチはとうもろこしを原料として澱粉です。よく片栗粉と混合されますが、あちらはジャガイモを原料としたもので、粘度が高いことからあんかけ料理などに利用されます。対して、コーンスターチは温度が下がってもある程度の粘度があることから、カスタードクリームなどに利用されることが多いです。

今回はそんなコーンスターチのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

コーンスターチのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはコーンスターチのカロリーから見ていきましょう。

  • コーンスターチのカロリー:354kcal/100gあたり

小麦粉が100gあたり368kcalくらいですので、ほとんど変わらないカロリー量です。それでいて、コーンスターチは小麦粉のようにドバドバと使うことの少ない食品です。そのため、カロリー制限中でも使用を控えるほどではないでしょう。10g程度の使用量なら35kcalで済みます。

ただ、コーンスターチは砂糖や小麦粉、バターなどと共に用いられることが多いです。具体的に言えばカスタードクリームやケーキ類など。要は、ダイエットに不向きとされるスイーツ類です。これらの食べ過ぎはカロリーオーバーに繋がりますので気を付けてください。

コーンスターチの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にコーンスターチの糖質を見ていきましょう。

  • コーンスターチの糖質:86.3g/100gあたり

コーンスターチの問題は糖質にあると言えるでしょう。上記の通り、重さに対して86%もの糖質を持っているのですから、ほぼ糖質の塊と言っても間違いではありません。

使用量が少ないとはいえ、10gでも8.6gの糖質を持ちます。少しの使い過ぎが大きな糖質になることを覚えておいてください。また、先ほども言ったようにコーンスターチが用いられるのは主にスイーツ類です。ケーキやクッキーなどは砂糖や小麦粉がたっぷり利用されるため、当然ながら糖質も高めです。

コーンスターチの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にコーンスターチの脂質も見ていきましょう。

  • コーンスターチの脂質:0.7g/100gあたり

片栗粉(0.1g)ほどではないものの、小麦粉(1.8g)よりは低脂質です。小麦粉の時点で脂質が低いと言われていますから、コーンスターチも低脂質だと考えて問題ありません。

問題があるとすれば、コーンスターチがカスタードクリームなど脂質が高い傾向にある食品に用いられることでしょうか。スイーツ類はバターなども用いるため、脂質も高い傾向にあることを把握しておいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.