1. ダイエットレスキュー
  2. 食品大根おろしのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

大根おろしのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

大根おろし

大根おろしは焼き秋刀魚やパスタ、うどん、鍋など様々な料理に用いられる薬味のこと。大根をすりおろすことで化学反応が起こりイソチオシアネートが生成されるため、そのまま食べるのと違い強い辛みを感じます。

今回はそんな大根おろしのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

大根おろしのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは大根おろしのカロリーから見ていきましょう。

  • 大根おろしのカロリー:18kcal/100gあたり

純粋に大根をおろしただけの大根おろしであれば、100gあたり18kcalで大根のカロリーと変わりません。言ってしまえば大根の形状を変えただけですから、重さやカロリーが増すはずもないです。

ただ、大根おろしは醤油を加えることも多いですね。醤油は100gあたり71kcalですので、加える量に応じてカロリーが高くなると考えてください。とはいえ、醤油の使用量が極端に多くなることも少ないでしょう。

ですので、大根おろしは基本的に低カロリーと言えます。醤油が多めに加わったとしても100gあたり30kcalくらいでしょうか。よほどの使い過ぎでなければカロリーオーバーの原因にはならないでしょう。むしろ、重要なのは大根おろしを用いる料理のカロリーの方です。

大根おろしの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に大根おろしの糖質を見ていきましょう。

  • 大根おろしの糖質:2.8g/100gあたり

糖質も純粋に大根をおろしただけのものなら、100gあたり2.8gと低めです。ただ、醤油は100gあたり10.1gの糖質を持ちますから、使用量に応じて糖質も高くなると考えてください。

とはいえ、極端に糖質が高くなることはなさそうですし、通常の使用量であれば問題ないでしょう。焼き秋刀魚や鍋類なら料理の方も低糖質だと思われます。パスタやうどんについては麺類ですので、当然ながら高糖質です。

ちなみに、大根おろしは水分を切ると重さに対してはカロリーや糖質が上昇します。

大根おろしの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に大根おろしの脂質を見ていきましょう。

  • 大根おろしの脂質:0.1g/100gあたり

原材料が野菜ですので脂質は低めです。1kg使ったとしても脂質は1gしかありませんので、脂質の摂取を控えている方でも安心して利用できるでしょう。しかも、醤油は脂質をほぼ含まず、データ上で見れば100gあたり0gです。

ただ、秋刀魚は魚介類の中でも脂質が高く、100gあたり24.6gもあります。これは1食分以上の脂質量です。大根おろしを秋刀魚に使う場合は脂質オーバーに注意してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.