1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ビーフストロガノフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ビーフストロガノフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ビーフストロガノフ

その語感の良さから名前だけはご存知の方も多いでしょう。ビーフストロガノフはロシアの牛肉料理で、牛肉や玉ねぎ、マッシュルームなどをバターで炒めたのち、スープで煮込み、最後にサワークリームをたっぷりとかけて完成させます。

今回はそんなビーフストロガノフのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ビーフストロガノフのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはビーフストロガノフのカロリーから見ていきましょう。

  • ビーフストロガノフのカロリー:136kcal/100gあたり

ビーフストロガノフはご飯やパスタなどに添えて食べることが多いものの、分かりやすいように今回はご飯などを含まない状態のカロリー量にしてあります。

牛肉がメインということでもっと高いカロリー量を想像しがちですが、実際は玉ねぎなどカロリーの低い野菜類なども入りますから、100gあたり136kcalで済みます。1人前は200g前後ですので、実際は272kcalくらい摂取すると考えましょう。

これにご飯をプラスしても何とか600kcal以内には収まりそうです。そのため、食べ過ぎにさえ注意すればダイエット中でも問題ありません。ただ、牛肉の部位や量、またサワークリームの量次第ではカロリーが高くなることもあるでしょう。

ビーフストロガノフの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にビーフストロガノフの糖質を見ていきましょう。

  • ビーフストロガノフの糖質:3.4g/100gあたり

ビーフストロガノフ単品の状態なら非常に糖質は低いです。これは、ご存知の方も多いように肉類の糖質が低いからでしょう。また、他の材料も全体的に糖質が低く安心できます。強いていうならば少量だけ使われる小麦粉が高糖質ですが、1人前に対して5g以下の使用量ですので気にするほどでもないでしょう。

注意点としては、ご飯やライスにかけてはいけないということ。ご飯は1杯あたり55g前後の、パスタも1人前で70g前後の糖質を含みます。つまり、これらが加わるだけで一気に糖質が跳ね上がってしまうわけです。

ビーフストロガノフの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にビーフストロガノフの脂質を見ていきましょう。

  • ビーフストロガノフの脂質:10.7g/100gあたり

1人前が200gだと脂質は21.4gで、一般的な成人男性の1食分を少しだけ超えてしまいます。おそらく、ビーフストロガノフを食べるときはスープやご飯などもセットですから、出来れば脂質を15g以下に落としたいところです。

方法としては、牛肉を脂身の少ない部位にする、バターを使わないなどが妥当でしょうか。また、レシピによっては牛肉を使わず、豚肉や鶏肉を用いて作ることもあり、鶏肉なら牛肉よりも脂質が低めです。このアレンジは本場ロシアでも行われていますので、気になる方はチャレンジしてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.