1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ぶり大根のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ぶり大根のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ぶり大根

ぶり大根は名前の通り、魚介類のぶりと野菜の大根を一緒に煮込んだ料理のこと。煮込むことでぶりや大根に調味料の味がしみこみます。使用する調味料は醤油や砂糖、しょうが等です。ちなみに、圧力鍋を使うことで簡単に柔らかく仕上げることが可能です。

今回はそんなぶり大根のカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

ぶり大根のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはぶり大根のカロリーから見ていきましょう。

  • ぶり大根のカロリー:83kcal/100gあたり

大根は100gあたり18kcalしかない非常にヘルシーな野菜ですから、ぶり大根のカロリーは自然と低めになります。1人前の重量だと150g前後あるものの、カロリーは122kcal程度で収まります。

ただ、大根に対してぶりのカロリーが高く、100gあたり257kcalもあるため、ぶりと大根の比率によってはカロリーが高めになることもあるでしょう。要は、ぶりの量が増えれば増えるほどにカロリーは高くなるわけです。

ダイエット中の方はぶり少なめの大根多めにしておきましょう。味付けについては薄めにすることで多少のカロリー軽減につながります。

ぶり大根の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にぶり大根の糖質を見ていきましょう。

  • ぶり大根の糖質:5g/100gあたり

味付けなどによって多少は異なりますが、基本的にぶり大根の糖質は低めだと考えて大丈夫です。というのも、大根は100gあたり2.8g、ぶりに関しては0.3gしか糖質を含んでいません。

ぶり大根の場合、他の材料はほぼ調味料ですから、味付けに気を付けておけば糖質が極端に高くなることもないでしょう。味付けで気を付けてほしいのは砂糖とみりんで、これらの量がぶり大根の糖質を決めると言っても過言ではありません。

砂糖は重さと同じ程度、みりんは重さの半分ほどの糖質を含みますので、糖質を少しでも抑えたい方は使用量を控えめにするか、そもそも使用しないレシピを利用しましょう。

ぶり大根の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にぶり大根の脂質を見ていきましょう。

  • ぶり大根の脂質:3.9g/100gあたり

脂質についても基本的には低めと考えていいでしょう。1人前が200gとボリュームがあっても7.8gの脂質で済みます。脂質の摂取目安は1食あたり16~20gほどです。

ただ、ぶりは100gあたり17.6gもある高脂質食品です。カロリーと同じく、ぶりの量が多くなればなるほどに脂質が高くなりますので、ぶりに偏ったぶり大根はやや危険かもしれません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.