1. ダイエットレスキュー
  2. 食品卵豆腐のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

卵豆腐のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

卵豆腐

卵豆腐は卵とだし汁を混ぜて固めた料理のことで、大豆を使用して作る豆腐とはあまり関係がありません。似ているのは見ための形と食感くらいでしょう。味的には冷えた茶わん蒸しと似ていますが、卵豆腐の場合は基本的に具材を入れません。

今回はそんな卵豆腐のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

卵豆腐のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは卵豆腐のカロリーから見ていきましょう。

  • 卵豆腐のカロリー:79kcal/100gあたり

卵豆腐の材料はシンプルに卵とだし汁くらいのものです。分量としては50:50くらいで、だし汁はあまりカロリーを含まないため、卵豆腐のカロリーはおおむね卵の半分くらいになります。

卵1個の重さは60gでカロリーは91kcalです。対して、卵豆腐60gのカロリーは47kcalほど。「47×2=94kcal」となり、ぴったり卵の半分とはいかないものの、その微々たる差がだし汁の分と言えば納得がいくでしょう。

要は、卵豆腐のカロリーはほぼ卵の半分だと考えればいいわけです。そう考えると、卵豆腐のカロリーは低めと言えるでしょう。木綿豆腐と比べるなら100gあたりのカロリー差は7kcal程度ですし、ダイエット中でも食べやすい一品だと思われます。

卵豆腐の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に卵豆腐の糖質を見ていきましょう。

  • 卵豆腐の糖質:2g/100gあたり

卵豆腐の糖質はデータ上でいえば100gあたり2gになっています。確かに、だしの種類によっては糖質を少し含むため上記のような糖質量になるでしょう。

ただ、かつおだし等の糖質をほぼ含まないだし汁を使えば、100gあたり1g以下の糖質も十分に可能でしょう。そもそも卵が100gあたり0.3gしか糖質を含みません。つまり、だし汁が糖質を含まなければ卵豆腐の糖質は100gあたり0.15gとなるはずです。興味のある方は糖質を最大まで抑えた卵豆腐を作ってみても面白いかもしれません。

とはいえ、普通の糖質制限ならそこまでシビアになる必要もありませんね。100gあたり2gの時点で糖質は十分に低いと言えます。

卵豆腐の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に卵豆腐の脂質を見ていきましょう。

  • 卵豆腐の脂質:5g/100gあたり

卵の脂質が100gあたり10gくらいですので、脂質はちょうど半分と見ていいでしょう。だしは基本的に脂質を含みません。そのため、豆腐に比べると脂質摂取量を抑えている方でも食べやすいです。1日1個程度の摂取なら脂質オーバーの原因になることもないでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.