1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コロッケのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コロッケのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コロッケ

コロッケは潰したジャガイモや挽肉、玉ねぎなどを具材とする揚げ物のこと。数ある総菜の中でも特に知名度が高く、スーパーやショッピングモールの総菜コーナーで見かけないことはまずありません。加えて、コロッケパンやコロッケサンド、コロッケ弁当など様々な料理に利用されます。

今回はそんなコロッケのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

コロッケのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはコロッケのカロリーから見ていきましょう。

コロッケの種類カロリー(100gあたり)
ポテトコロッケ279kcal
クリームコロッケ256kcal
かぼりゃコロッケ222kcal

ポテトコロッケと呼ぶ機会はそうありませんが、今回は他との区別のために普通のコロッケをポテトコロッケとしてあります。1個のサイズはレシピによってまちまちですので一概には言えません。やや大きめのもので1個あたり100gくらいでしょうか。

つまり、コロッケは1個で250kcal前後もあるわけです。さらに、ソースなどで味付けをしますから1個あたり300kcalくらいと考えても構いません。

これだけのカロリーを持つのは挽肉やジャガイモが使われることもありますが、大きな要因は油です。揚げるということは衣がたっぷりと油を吸い込むわけですから、当然ながらカロリーはその分だけ高くなります。

定食系メニューだとコロッケ2個にご飯とスープなどが基本ですが、これだと1人前で700kcalを簡単に超えてしまいそうです。ダイエット中の方は食べ過ぎに気を付けてください。

コロッケの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にコロッケの糖質を見ていきましょう。

コロッケの種類糖質(100gあたり)
ポテトコロッケ25.3g
クリームコロッケ20.9g
かぼりゃコロッケ18.8g

油が糖質を含まないため、揚げ物は糖質が低めと言われることもあります。実際、メンチカツやトンカツなどの肉類を中心とした揚げ物は糖質が低く、ご飯なしなら糖質制限に最適とも考えられるでしょう。

しかし、上記コロッケの場合はジャガイモやかぼちゃなど高糖質な食品が用いられるため、糖質はやや高めになります。おおよそ2個も食べれば糖質オーバーになると思っておきましょう。また、ソースも決して低糖質ではありませんので使い過ぎには注意が必要です。

ちなみに、ジャガイモの量を減らし、挽肉の量を増やすことでコロッケの糖質を抑えることができます。ただ、挽肉の量を増やすことでカロリーと脂質が高くなることは把握しておいてください。

コロッケの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にコロッケの脂質を見ていきましょう。

コロッケの種類脂質(100gあたり)
ポテトコロッケ17.6g
クリームコロッケ16.2g
かぼりゃコロッケ12.2g

コロッケは揚げる工程で油をたっぷりと吸収するため脂質も高めです。1食の脂質目安は16~20gですので、ポテトコロッケやクリームコロッケだと1個でほぼ1食分の脂質を摂取することになります。

幸いにもソースはあまり脂質を含みませんし、キャベツも100gあたり0.2gと低脂質です。また、他の野菜類も低脂質ですので、上手に組み合わせて脂質オーバーを回避しましょう。

コロッケはジャガイモ無しでも作れる

ポイントを教える女性

コロッケは揚げ物でありながらジャガイモを多く使用するため糖質が高い料理だと分かりました。そのため、一般的なレシピのものだと糖質制限中に食べるのがやや難しいです。

そこで、糖質制限中の方はジャガイモを使わないコロッケを作ってみるといいでしょう。もはや、定義としてコロッケと呼べるのか分かりませんが、ジャガイモの代わりにゆで卵やツナなどを使用することで、それらしいものが完成します。

これなら材料的に考えて糖質は低めです。ただ、代わりにカロリーは少し高めになると思われます。あくまでも糖質制限ダイエット中の方向けだと考えてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.