1. ダイエットレスキュー
  2. 食品豆乳鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

豆乳鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

豆乳鍋

豆乳鍋は豆乳に出汁を合わせて作る鍋料理のこと。そこに一般的な鍋と同じく肉類や野菜類、豆腐などの食材を入れて煮込みます。豆乳を入れることから味が濃厚になり、スープは白濁しています。

今回はそんな豆乳鍋のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

豆乳鍋のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは豆乳鍋のカロリーから見ていきましょう。

  • 豆乳鍋のカロリー:461kcal/1人前

豆乳鍋は1人前で461kcalと言われますが、これはあくまでも目安のひとつだと考えてください。おそらく、豆乳と出汁で作るスープのカロリーはどのレシピでも同じ程度で、豆乳200gを使ったとして100kcalくらいでしょう。

つまり、残りは具材のカロリーとなるわけですが、豆乳鍋に決まった具材はありません。人によっては肉類を入れずに豆腐を増やしますし、豆腐も肉も入れずに野菜だけで食べる人もいます。

鍋の具材でカロリーが高いのは牛肉や豚肉といった肉類ですから、カロリーを少しでも抑えたいのなら肉類を使わない、または摂取量を控えるのがいいでしょう。上記カロリーの半分程度は肉類の影響ですので効果は非常に大きいと思われます。

肉類が少ない分は豆腐や野菜類をたっぷり入れて補いましょう。ちなみに、ご飯のカロリーが高いため、シメのリゾットは我慢しておくのが無難です。

豆乳鍋の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に豆乳鍋の糖質を見ていきましょう。

  • 豆乳鍋の糖質:17.9g/1人前

豆乳鍋1人前に使う豆乳の量は200g前後で、その糖質量は5.8gほどです。ここに、みりんや醤油などの調味料が加わり、各種具材が入ると17.9gほどの糖質量になると言われています。ただ、こちらも参考程度にしておいてください。

たとえば、味付けに用いるみりんは必須でもありません。みりんは糖質が高い調味料ですので、必要ないと思えば使わないのもありでしょう。そして、みりんが無ければ糖質はそれなりに下がるはずです。

肉類や野菜類は糖質が低いため、特に厳選する必要もないでしょう。それに、玉ねぎやゴボウ、レンコンなど糖質が高めの野菜は豆乳鍋にあまり使いません。

これらのことも含め、豆乳鍋は糖質制限ダイエット向けの料理と言えそうです。さらなる糖質オフも工夫次第では十分に可能ですので、いろいろと試してみてください。

豆乳鍋の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に豆乳鍋の脂質を見ていきましょう。

  • 豆乳鍋の脂質:25.6g/1人前

1食で摂取できる脂質が16~20gと言われることから、豆乳鍋の脂質はやや高めに感じられます。脂質が高くなる原因は肉類一択と言ってもいいでしょう。豆乳は200gでも4gしか脂質を含みませんし、野菜類については100gあたり0.3g以下が当たり前です。

肉類は100gあたり20gや30gの脂質を含みます。脂質を制限している方は肉類の使用量を抑え、脂質の低い野菜類をたっぷり投入しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.