1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チキンカツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チキンカツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チキンカツ

チキンカツは鶏肉に小麦粉や卵、パン粉をつけて揚げた料理のことで、簡単に言えばトンカツのチキン版です。トンカツに比べるとややマイナー感はあるものの、豚肉に比べて鶏肉のカロリーが低いことからダイエット的には注目度が高い料理です。

今回はそんなチキンカツのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

チキンカツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチキンカツのカロリーから見ていきましょう。

カツの種類カロリー(100gあたり)
チキンカツ214kcal
トンカツ344kcal
ビーフカツ331kcal
ハムカツ271kcal
エビカツ184kcal

上記の表を見てもらえば分かるように、魚介類を使用したエビカツよりは高カロリーなものの、肉類を使用したカツ料理ではチキンカツがもっとも低カロリーになっています。

これは、単純に鶏肉のカロリーが低いというのもありますが、チキンカツの場合は皮を剥いだ鶏肉を使用することが多いため(今回も皮なしのレシピを参考にしています)より低カロリーな傾向にあるのです。

肉類は脂身の量がカロリーに直結しますからね。脂身たっぷりの皮を剥いだ鶏むね肉は100gあたり108kcalしかありません(皮ありだと191kcal)。

ただ、他のカツ類と同じく油を使って揚げるため、使われる食材のわりにはカロリーが高めです。実際、チキンカツのカロリーは鶏むね肉100gのちょうど2倍くらいあります。

そのため、食べ過ぎればカロリーオーバー待ったなしでしょう。あくまでもカツ類の中ではカロリーが低めなだけで、料理全体で見ればカロリーが高めなことを把握しておいてください。ちなみに、鶏むね肉100gを使った際のチキンカツは1個で140~150gくらいです。

チキンカツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチキンカツの糖質を見ていきましょう。

カツの種類糖質(100gあたり)
チキンカツ6.9g
トンカツ6.1g
ビーフカツ7.1g
ハムカツ3.9g
エビカツ5.4g

肉類は多くの部位がほぼ糖質を含まず、皮を剥いでも糖質が変わることはありません。そのため、カロリーと違って糖質は牛や豚を使ったカツと同じくらいの数字です。

とはいえ、100gあたり10g以下なら低めと言えるでしょう。1人前で多めに200gあったとしても、15g以内に収まるわけですから余裕があります(スタンダード糖質制限の目安は1食あたり40g以下です)。

肉類がメインのわりに糖質が高いのは小麦粉やパン粉のせいですので、衣の量を減らすことで糖質を抑えることも可能ですが、よほどシビアな糖質制限でなければ特に必要もないでしょう。チキンカツは糖質制限ダイエット向けの一品と考えて差し支えありません。

チキンカツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にチキンカツの脂質を見ていきましょう。

カツの種類脂質(100gあたり)
チキンカツ12.3g
トンカツ27.0g
ビーフカツ25.5g
ハムカツ21.3g
エビカツ10.2g

鶏肉の皮を使わない効果は脂質においても発揮されます。鶏肉の脂質の多くは皮に含まれるため、皮を剥いだ鶏肉を使うチキンカツはトンカツやビーフカツに比べて脂質が低いのです。さすがに、脂質をほとんど含まない海老を使ったカツには負けますが、1個(150g想定)あたり18.5gの脂質量ならギリギリ口に出来るかもしれません。

ただ、1食分の脂質目安が16~20gほどですので、心配な方は少し量を少なくするか、油をたっぷり吸いこんだ衣を落とすのがいいでしょう。

ささみを使ってヘルシーなチキンカツを作ろう

ポイントを教える女性

皮を剥いだ鶏むね肉を使った場合も、カツの中ではヘルシーなわけですが、鶏のささみを使うことでよりチキンカツをヘルシーに仕上げられます。ささみは100gあたり105kcalに脂質0.8gしかありませんからね。鶏むね肉の皮なしより少しだけヘルシーです。

後は、ソースのかけすぎに注意しつついただくようにしましょう。糖質制限中の方はご飯を食べられない代わりに、キャベツをたくさん食べるのがおすすめです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.