1. ダイエットレスキュー
  2. 食品リブロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

リブロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

リブロース

リブロースは牛を真横から見たとき、ちょうど中心にあたる部位のことです。ロースの中でも最も厚みがあり、肉質は良好で、よくステーキなどに用いられます。

今回はそんなリブロースのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

リブロースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはリブロースのカロリーから見ていきましょう。

  • リブロース(輸入牛)のカロリー:263kcal/100gあたり
  • リブロース(和牛)のカロリー:468kcal/100gあたり

リブロースに限った話ではありませんが、牛肉は輸入牛と和牛でカロリーが大きく変わります。これは、脂身の量が大きく関係しており、和牛は日本人の好みに合わせて脂肪が多くなるように育てられているのです。

肉類は脂肪が多ければ多いほどカロリーや脂質が高いわけですからね。上記のように、和牛の方が高カロリーになってしまうのです。和牛リブロースに関しては重さに対するカロリー量が、食品の中で最もカロリーが高いと言われる油の半分程度もあります。

これを何も考えずに食べてしまえば、ほぼ確実にカロリーオーバーを起こします。特に揚げ物系など調理によってカロリーが増えるものは避けるようにしましょう。また、輸入牛リブロースも決して低カロリーとは言えません。カロリー制限中の方は食べ過ぎて摂取目安を超えないよう、量をきちんと調整しましょう。

リブロースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にリブロースの糖質を見ていきましょう。

  • リブロース(輸入牛)の糖質:0.3g/100gあたり
  • リブロース(和牛)の糖質:0.2g/100gあたり

リブロースは和牛の方が低糖質なわけですが、本当に若干の差であり、どちらも低糖質なことに変わりはありません。脂質などのことを考えると、輸入牛を選択するのがよさそうです。

おそらく、ステーキなどのシンプルな料理なら、100g分でも糖質20g以下で済むでしょう。もちろん、味付けをあっさり目にしておけば10g以下や5g以下も十分にありえます。このことから、リブロースは糖質制限ダイエット向けの食品と言えるでしょう。

リブロースの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にリブロースの脂質を見ていきましょう。

  • リブロース(輸入牛)の脂質:19.5g/100gあたり
  • リブロース(和牛)の脂質:44.0g/100gあたり

先ほど言ったように、牛肉のカロリーと脂質は脂身の量に依存します。つまり、脂身のたっぷりある和牛リブロースは必然的に脂質が高くなるわけです。

和牛リブロースの場合は100gでも2食分以上相当の脂質を持ちますから、摂取脂質をきちんと制限している方は摂取を避けてください。また、輸入牛リブロースも100gで1食分くらいの脂質があります。心配な方はヒレ肉など脂質の低い部位への変更も検討しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.