1. ダイエットレスキュー
  2. 食品うずらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

うずらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

うずら

うずらと言えば卵が有名ですが、それとは別に肉を食用にすることもあります。基本的にオスを精肉用にするようで、流通量の少なさからスーパーなどではあまり見かけないものの、ネット通販などで入手可能です。

今回はそんなうずらのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

うずらのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはうずらのカロリーから見ていきましょう。

  • うずらのカロリー:208kcal/100gあたり

一般的な鶏肉が100gあたり200kcalですので、ほとんど変わりません。うずらは一般的な鶏肉と同じくらいのカロリー量です。そのため、特別避ける必要はありませんが、カロリーがやや高めなのは確かですので食べ過ぎないようにしましょう。

とはいえ、入手難易度がそこそこ高いうえ、決して安くはないことから普通の鶏肉に比べれば食べ過ぎは少ないかもしれません。ギフトなどで大量にいただいた際は注意してください。

調理法については、シンプルな焼き鳥や水炊きなどならカロリーはそう変わらないでしょう。危険なのは揚げ物や炒め物など油を多めに使うものです。

ちなみに、うずらの卵は1個(13g)で23kcalほどあります。一緒に用いる際は、こちらも量に気を付けましょう。

うずらの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にうずらの糖質を見ていきましょう。

  • うずらの糖質:0.1g/100gあたり

どの肉類も糖質だけは安心して見ることができますね。うずらも肉類らしく100gの糖質が0.1gですから、よほど甘めの味付けでもしない限りはスタンダード糖質制限の1食分である糖質40gは超えないでしょう。

うずらの卵も1個なら0.1g以下の糖質量です。そのため、うずらの肉と卵を組み合わせた料理も糖質的には問題ありません。焼き鳥や水炊き、肉団子など様々な使い方ができますので、いろいろと試してみるのがいいでしょう。

うずらの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にうずらの脂質を見ていきましょう。

  • うずらの脂質:12.9g/100gあたり

脂質も普通の鶏肉と同じくらいですね。1食分の脂質が16~20gですので、食べ過ぎなければ脂質オーバーを避けられるでしょう。ちなみに、うずらは1羽分でおおよそ90~110gと言われています。

なお、揚げ物など油を使う料理は脂質が高くなりがちです。水炊きや焼き鳥なら問題ないと思いますが、揚げ物だけは出来るだけ避けるようにしましょう。

余談ですが、うずらの卵の脂質は1個で1.7gとサイズのわりには高いです。一緒に使うときは脂質オーバーに気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.