1. ダイエットレスキュー
  2. 食品鱈のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

鱈のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

鱈

鱈は脂肪分が少ないことで有名な魚類です。用途としてはかまぼこや魚肉ソーセージなどの練り物をはじめ、チップスや干物にも利用されます。また、鍋料理の鱈ちり等に用いられることもあり、なかなかに需要の高い魚類と言えます。

今回はそんな鱈のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

鱈のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

鱈と一口に言っても、マダラやスケトウダラといった種類があります。この種類によって少しだけカロリーが違いますので、それぞれの数字を見ていきましょう。

  • マダラのカロリー:77kcal/100gあたり
  • スケトウダラのカロリー:79kcal/100gあたり

上記のように、鱈はカロリーが低めです。そもそも魚類はカロリーが低い傾向にあり、100gあたり100kcal前後も珍しくないのですが、80kcal以下というのはさすがに少ないです。

これは冒頭で話したように脂肪分が少ないためでしょう。魚類や肉類のカロリー量は基本的に脂肪分の多さ、つまり脂質の高さに依存しますから脂肪分が少なければ、それだけカロリーは低い傾向にあるわけです。

そのため、鱈は魚類の中でも特にダイエット向けと言えます。野菜類などと組み合わせて取り入れてみてください。

鱈の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に鱈の糖質を見ていきましょう。

  • マダラの糖質:0.1g/100gあたり
  • スケトウダラの糖質:0.1g/100gあたり

鱈はどちらの種類も100gあたり糖質0.1gしか含みません。とはいえ、糖質については他の魚類も似たようなもので、鱈が極端に低いということは無いです。

小数点第一までの表記であれば最低の糖質量なわけですから、糖質制限ダイエットにぴったりの食品のひとつなのは確かですね。片栗粉を用いるあんかけ、砂糖を用いる煮付けなどを避ければ調理後の糖質も低めだと思われます。

ちなみに、鱈を原材料とすることから、かまぼこ等の加工品も低糖質というイメージを持ちますが、実は100gあたり9.7gほどの糖質を含んでいます。理由としては、澱粉が用いられるためでしょう。

鱈の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に鱈の脂質も確認しておきましょう。

  • マダラの脂質:0.2g/100gあたり
  • スケトウダラの脂質:0.2g/100gあたり

脂肪分が少ないというワードから連想した方も少なくないでしょう。そう、脂身の少ない鱈は非常に脂質の低い魚類です。しかも、脂質については糖質のように全ての魚類が低いわけでもありません。ブリなどは100gで17.6gもの脂質を含みます。

ですので、鱈は脂質を制限している時のおかずにぴったりでしょう。鱈はカロリーも糖質も脂質も低い、魚類の中でも特に優秀な食品です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.